FC2ブログ

*My favorit room*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完全にほったらかしの当ブログ。
なんで久しぶりに出て来たのか…と言ったら、もちろんラグビーだっ!!
本当はもっと早く出て来るつもりだったけど、何だかんだで遅くなった。

とにかくあれも録画、これも録画で、見たり編集したり、BDに移したり。(家事だって、パートだってあるし)
ただでさえ嵐にドラマにバラエティといろいろ録画しているのに、これにラグビーが加わり、毎日HDD整理に追われる日々。
嬉しい悲鳴!

ほんのちょっと前までこんな日が訪れるなんて、思わなかったよね。
ワールド杯前だって、本当にあるんかい?と思うくらいの静けさ。
マスコミって冷たい…とか何とか言いながら、私も開幕日すっかり忘れてて、旦那に指摘されて気づく。
(録画予約はしてたから、よかったんだけど)

昔は、ラグビ関係の本やビデオテープ(そういう時代)を買いあさり、ラグビーマガジンを年間購読したり、Numberのバックナンバーを取り寄せたり…とどっぷりはまっていたのに。そう言えば、試合も2回ほど観に行ったな。
(そう言えば、十数年ぶりにNumber PLUS(ラグビー特集)買ったよ。あ~おもしろい)
今では、テレビ中継される大学ラグビーと日本選手権を観る程度。だから、選手の名前もなかなか覚えられない。

でも、いっちょまえに4年後日本で開催されるワールド杯はほんとに大丈夫か…と心配はしていた。
サッカーや他の競技の人気をうらやみながらも、でも、結局勝つしかないんだよな…と。
スポーツの世界はそれが全てだし、注目させるにはそれが一番手っ取り早い。
けれど、正直全く期待してなかった。とにかく今回のワールド杯は一勝でもいいからしてくれれば…程度の気持ちだった。
それが4年後につながる意味のある勝利であれば、それでいいんじゃないかくらいの感じだった。

ところが、ふたを開けたらどっこい、すんごい事件が起こった。

夜中、家族が寝静まったリビングで一人観戦。旦那も観ると言っていたのに、睡魔に負け就寝。←おいおい
かといって、それを引き留めるだけの要素は何一つなく、あ~1トライでもいいからとってくれればいいなぁ、どうせぼろ負けなんだろうなぁ~くらいの軽い気持ちで観ていたら、それはとんでもなかった。

出足から、ディフェンスいい。テンポもいい。五郎丸もいい感じだし(この時点で顔と名前が一致するのは、五郎丸と田中と大野くらいというトホホぶりだが)
そして、2番のトリッキーなパスに釘付け!なんじゃ、こりゃ!フッカーでこんなパス出すんかい!と思ったら、スーパーラグビーに所属しているらしい。なるへそ~。(その名も堀江くん。後に私の一押しプレーヤーとなる)

これって、もしかして南アフリカ相手に五分なんじゃね?という思いがよぎる。
いやぁ、まさかまさか…と思っていたら、ラインアウトからのモールでトライ!!
おいおい、日本が南アフリカから?!

でも、取っては取られ、でも、終始大きく離されることはなかった。
それが、今までのJAPANとは違うとこだよね。
とにかく食らいついて、離さない、離れない。

そして、遂にもぎ取ったトライ。
いやぁ、サインプレーが見事に決まりました。五郎丸のトライはもちろん、そこに至るまでのプレーを何度も巻き戻して観ちゃったよ。
あのパスのタイミング、ディフェンスの間をすっと抜けていく瞬間がたまりません。

しかし、またもや突き放される。
ところが南アフリカの反則。

ペナルティキックじゃなくて、ラインアウト選択。
モールでなだれ込むも、ビデオ判定。グラウディングしてない。

次もペナルティキックじゃなく、スクラム選択。
時間がない。
あきらめずに攻撃を仕掛ける日本を見て、ある瞬間トライがとれるという確信が生まれて。
そしたら、本当にやってくれました!!
夜中、一人ですごい、すごいとつぶやいてました。

それにしても、応援席の日本のおじさん率高し!
そうそう!昔はサッカーよりラグビーの方が人気あったんだよ。
それに、ラグビーって確か応援席を分けないんで、敵味方入り交じって応援するんだよね。(高校や大学ラグビーだと、分けちゃうみたいだけど)そう言うところも何か好きだったりする。
相手の良いプレーには拍手を送ったり。

ちなみに私が最初に観た試合は、'84年?の同志社と慶応の決勝。暇でチャンネルカチャカチャしていたら、なぜか見入っちゃって。ルールも何も全然知らなかったのに、どんどん引き込まれて、あっという間に虜に。
そして、接戦で勝った同志社が日本選手権で新日鉄釜石と対決。釜石は7連覇がかかってて、前日のスポーツニュースでは松尾が怪我でどうなんだ?みたいになってたよね。確か。当日は、麻酔打って出場。
この試合は、しっかり観ました(内容は、ほぼ覚えてないけど)

それから、私にとって、ラグビーは季節の風物詩になり、嫌いな冬が来るのが楽しみになった。
その内、早稲田のプレースタイルに魅せられ、大ファンに。
あの頃は、ちょうど清宮に堀越、今泉、郷田とかいて、黄金時代だったんだよなぁ。慶応には吉田がいて。

あ~、昔話始めると、止まらなくなる。
たぶん釜石から神戸製鋼あたりがラグビーが一番盛り上がってた時代なんだよなぁ~。

その後もラグビーシーズンになると、観てはいたんだけど、いかんせん記憶力がね。
久しぶりに昔の記事を読んでも、こんなこと書いてたんだ…とさっぱり思い出せないし。
ちょくちょく五郎丸の名前は出て来てるけど、私は有田が好きだった。(バックスにばかり注目していた私が初めて好きになったフォワードの選手)

しかし、今の盛り上がりぶり。
日テレの中継も格段に良くなりましたよね。昔はカメラワークもひどかったし。
それに、特にひどかったのは、'07年のカナダ戦の生中継。(正確には生より数分遅れていたらしい)あの時は、さすがに日テレにクレームのメール送りました(こんなことしたのは、あれが最初で最後)
今回は、プレイ中はCMも挟まずしっかり放送して、ちゃんと延長もしてくれて、ありがたや~。
しかし、アナウンサー、サモア戦で選手の名前を2回くらい間違えてたよね。(私の勘違いじゃないよね)

結局、3勝!!
決勝トーナメントには行けなかったけど、この3勝がどんなに価値あるものか。
ラグビーファンなら、骨身に染みてると思う。
ほんと、生きててよかった!と思ったよ。

それに、いろんな番組で往年の名選手が出ていて、それもまた嬉し。
堀越に吉田に永友などなど。
堀越が「うらやましい」と言っていたのが正直過ぎて。
生まれた時代が違っていたら、間違いなく活躍していたことでしょう。
五郎丸らの主力選手達の多くは、堀越達が大学ラグビーで活躍していた頃、もしくはその後に生まれた人達だったりするんだよなぁ。
何だか、感慨深いです。

ほんとに長い道のりだったな。
あ~、生きててよかったぁ~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://anotherroom3104.blog.fc2.com/tb.php/892-d1ab4785

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。