*My favorit room*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『信長協奏曲』
見始めて気づいた。私、歴史物苦手だった(^^;)
そして、今回も脱落…。

『さよなら、私』
岡田惠和脚本にしては、ベタな展開で、最初は正直どうしよう…と思った。
私の苦手な女性のどろどろ?親友の旦那と…だなんて、ありがち過ぎるよ~。
(でも、『水曜日の情事』(野沢尚)ははまった)
『最後から二番目の恋』のような台詞の応酬があるわけでもなく、
『泣くな、はらちゃん』のように個性的な面々が現れるでもなく、『彼女たちの時代』みたいなリアルさがあるわけでもなく、
おいおい、私はまれないかも…と思っていたら、え~っ!!神社の階段から落ちるって、『転校生』?と思ったら、
まんま『転校生』だった(^^;)
だから、オマージュ的な意味合いで尾見さんが出ちゃってたのね。

そして、徐々にいろんな要素が絡み合い、まさかガンになるなんてね。
このドラマ、話が進みに従って、えっそうなの?そんな展開になっちゃうの?と方向性が意外すぎて。
でも、岡田さん脚本じゃなかったら、私序盤でリタイヤしてたかも…。
なかなかどこまで種明かしするかが難しいけれどね。

岡田さんならではの印象的な台詞や、意外な展開。
でも、それは無理矢理な感じではなく、そうなんだろうなぁ…と妙に納得できるもので。
実は、もっとひねった感じのラストを予想したりもしていたけれど、このドラマにそんなことは必要なかった。
最後はとてもシンプルな結末。
でも、そこには非常識とも思えるちょっと変わった家族の形が残された。ともみの想いと共に。

『素敵な選TAXI』
『奇妙な物語』みたいな?昔『If もしも』っていうドラマもあったよね。
あ~、私こういうの苦手なんです。
初回でリタイヤ。

『今日は会社休みます』
おもしろくないわけじゃないけど、特に見続けたいという要素もなくて。
花笑のモノローグはおもしろかったけれどね。
飛び飛びに見ていたので、いまひとつ流れがわからず。
最終話とその前は一応見たけれど、私的には田之倉くんより浅尾さんだな!と。
しばらく見ない間に2人の関係がいい感じになっていて、絶対浅尾さんだ!と。
田之倉くんにさほど魅力を感じなかったのが、なんとも残念…。
彼にキュンキュンしちゃえば、おもしろかったのかもしれないけど。

『Nのために』
『ごめんね、青春』
別記事で。

『昨日のカレー、明日のパン』
録画し忘れて、結局途中までしか見れず。
地上波でやってくれないかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://anotherroom3104.blog.fc2.com/tb.php/877-8fef5131

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
開店休業状態でしたが、2019年に向けてラグビー語ります!

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

新規モニター登録 マクロミルへ登録

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。