FC2ブログ

*My favorit room*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下の文章は、私が2004年当時に書いた物をコピーしたものです。


『この愛に生きて』と『恋人よ』
私が今まで一番はまったドラマが『この愛に生きて』と『恋人よ』の二つなのですが、いろいろ考えているうちにこの二つのドラマが対照的な設定になっていることに気付いたのです。
まず、『この愛』が「始まりは体、なりゆきは心」という言葉に表されるように体の関係から始まったのに対し、『恋人よ』は二人の思いを確かめ合うことはあっても、結局最後までプラトニックなままでした。文通というのも、なんだか新鮮でした。
それに『この愛』のターニングポイントが息子の和の「死」であり、それをきっかけに生きる屍となってしう曙美(安田成美)に対し、『恋人よ』のターニングポイントは安輝の「誕生」であり、それをきっかけに生きる屍となってしまう航平(岸谷五郎)。
そして、後半はこの二人がそれぞれ落ちる所まで落ちてまた再生していく過程を描いています。とにかく最後まで相手を見捨てることをせず積極的にはたらきかける悠作(岸谷五郎)とは対照的に、ひたすら見守り続ける愛永(鈴木保奈美)。そして、自ら自分を追い詰める方向にすすんでしまう曙美と、自分から何のはたらきかけもせず自堕落になってしまう航平。岸谷さんというと『この愛』の悠作の印象がかなり強烈だったので、『恋人よ』の時も無意識の内にそういう役柄を期待していたのですが、実際は全く予想外の役柄でやられた‥という感じでした。
そして、ラストでは『この愛』が立子(美保純)の妊娠という生命の「誕生」で締めくくったのに対し、『恋人よ』では愛永の「死」…で終わったかに見せかけておいて、最後に思わぬ形で再生?してしまいました。
それに、この二人に絡んでくる人物達もそれぞれが丁寧に描かれていて、興味深いです。
『この恋』の聖一(豊川)と『恋人よ』の遼太郎(佐藤浩市)は二人ともどもヒロインを愛しながらも愛し方を間違えてしまったという感じでしょうか。自分の手元から離れた時点で、去っていった者の大切さに気付く。二人ともヒロインをどうにか守りたいと思いながらも、すでにそれが自分の役割ではないことに気づき悶々としています。聖一が最後まで曙美にすがろうとしたのに対し、遼太郎は航平と愛永をつなぎとめようとします。
そして、その二人に思いをよせる立子と粧子(鈴木京香)。自立した強いイメージの立子ではありましたが、意外にも健気で一途でした。一方粧子は、どちらの子かわからない子供を宿しながらも航平にすがってしまうというとんでもない女でした。私はいつもだとこういうキャラは嫌いなのですが、粧子の場合は女のしたたかさというよりも愚かさのようなものが感じられて、なぜか憎めなかったのです。それに、二人共結局愛情表現が下手なのか‥素直になることができず、かなり回り道してしまったようです。
小織(深津絵里)と美緒(水野美紀)は二人ともども岸谷さんに惹かれながら、結局実ることのない恋ではありました。悠作はかなりできた人間だったので、小織に手を出すようなへまはしませんでしたが、航平はなんともなさけないやつで水野に深い心の傷を負わせてしまいました。中盤はかなりヘビーな状況におかれる二人でしたが、前半はシリアスになりがちな雰囲気を和らげてくれ、楽しみなシーンでもありました。最後はなんとか立ち直り、前向きに歩いていってくれたのでよかったです。
そういえば、忘れてならないのが先輩(嶋田久作)。まさか犯人だったなんて…。でも、彼が子供の頃親に虐待されていたという過去があったので、彼の行動はそんなに突飛な感じはしなかったです。(子供の頃虐待を受けると、多重人格になったり、自分が親になった時子供をうまく愛することができないというのは実際あるみたいですし)
主役の二人だけの関係や描写にとどまらず、二人をめぐる周りの人たちについてもうまく描かれていたし、どちらもどっぷりつかれる好きな作品でした。けちをつけたくなるキャラクターがいないので、安心して見れました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://anotherroom3104.blog.fc2.com/tb.php/840-3dff3d0b

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。