FC2ブログ

*My favorit room*

初めて百田尚樹さんの本を読んだ。
帯にはさっと目を通しただけで、内容については全く知らない状態だったので、新鮮な気持ちで。
最近は、本から遠ざかっていたんだけど、久しぶりにのめり込んだなぁ。

感想は、なるべくネタバレにならないようにと思ったけど(自信がない(^^;)、未読の方は読まない方がいいかも…。



少しずつ先が読めるような展開ではあったけれど、決してそれが嫌というのではなく。それで安心したり、予想と違ってびっくりしたり。
題材としては、ドラマとかで観たこともあるし、ある程度の知識は持っていたので、そんなにびっくりすることもなく、そういうことだよね~と、すんなり受け入れられた方かもね。

主人公の聡子には、正直あんまり魅力を感じなかったけれど…。
同性から見るのと異性から見るのでは、違うのかな。

描写としては、美人だとか、勉強を教えるのが上手いとか、夫婦間の問題とか、描かれてはいたけれど、それ以上のものは感じられなかったな~。
それに、彼女の言動には私自身ひっかかるものがあって、感情移入しにくかったし…。
葛藤の振り幅(というか方向)が私が思っていたものとはずれていたので、正直読んでいて引いていてしまった部分もある。彼女の思いが暴走すればするほど、何かが違うよな…と思ってしまう。
自分の想いと相手の立場や想いの間で揺れ動く感じではなく、自分の中で勝手に妄想を膨らませたり、八つ当たりしているような感じがね。あれっ、そこなの?って…。

百田さんの思い描く女性の思考回路ってこんな風?
初めて読んだ作品なので、よくわからないけど…。
でも、そんな聡子にみんな心惹かれてしまうというのは、わかるような気もする。
恋愛経験のない彼らにとって、初恋みたいなものだと思うし…。
美人というのは重要なポイントだと思うから(^^;)。

読み終わって思ったんだけど、聡子と卓巳が2人の時間の持つ意味。
2人でいることで幸せだと思える反面、つらい面もあったんじゃないかと。(でも、そこが描かれていないのが私には不自然に感じられて)
だって、聡子は、2人で会う度に卓巳の体に残る傷跡を見るわけだし。
それは、彼の壮絶な過去の象徴でもあって。決してなかったことにすることにはできない。
しかも、彼女はなぜこうなったのかを知っている。他の人達にも会ったことがある。
そこで、聡子の心に葛藤は生まれないのか…と。

今更、あれこれ言ってもしょうがないんだけど(^^;)
恋するとそんなことどうでもよくなっちゃうんだよ…ということなのかも知れないけど、葛藤の仕方ひとつで私の聡子に対する好感度はかなり上がったと思う(笑)

感情移入しやすいとなると、やっぱり卓也かな。
読んでいて、3回ほどうるっとしてしまったんだけど。
1回目は、卓也の告白。健気過ぎて。
2回目は、手紙を渡すところ。手紙の内容が予想できたから、尚更。
3回目は、やっぱり別れの場面です。

最後、別れが来るのは百も承知だったけれど、卓也の気持ちを考えると、胸に迫ってくるものがあった。
そっかぁ、これは感情移入というより母性愛みたいなものかもね。
無垢で真っ直ぐで、人の気持ちがわかってしまう卓也が不憫で、愛おしくて。
だから、聡子にイラッと来ちゃうのか。うちの卓也をもてあそぶんじゃないよ!っていうね(笑)
でも、最後の左手の小指には、不覚にもぐっと来ちゃいました。

2人の未来、幸せよりも波瀾万丈なような気もするけれど、それもいいかもね。


さて、百田尚樹さん。どんな人なのかと思って調べてみたら、なんと私よりも10歳も年上…。
確実に私より年下の方だと思ってました(^^;)
描写がシンプルで、読みやすく、ストレートに伝わりやすい感じとか、それぞれのキャラクターのわかりやすさとか、青いというか、若い感じがしたんだよなあ、私的には。(えらそー)
放送作家をされていたからでしょうか。
それに、50代半ばの男性が描く女性の描写があんな感じ…っていうのがとっても意外で(^^;)

この間、『サワコの朝』で小川洋子さんのお話を聞いたばかりだからか、描写については物足りなさを感じる部分は確かにあるんだよな~。でも、嫌いじゃないです。そういうジャンルの読み物だと思えば、十分楽しめるレベルだし。(やっぱりえらそー)

さて、今度は『永遠のゼロ』を読むかな~。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://anotherroom3104.blog.fc2.com/tb.php/822-d3fc66bf

「プリズム」百田尚樹

いま目の前にいるのは、私が愛した“あなた”ですか? かつて誰も経験したことのない、切なくミステリアスな恋愛の極致!! 「僕は、実際には存在しない男なんです」 世田谷に古い...

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR