FC2ブログ

*My favorit room*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湊かなえの作品では、『告白』と『夜行観覧車』は読んだことあるんだけど、なぜか『夜行』の方は内容をほとんど覚えていない…。



読んでいておもしろかったし、2つの家族の話だったこととか、住宅街の風景とか、雰囲気は覚えてるんだけど。
ドラマを観ても、あれっこんな感じだったっけ…という部分とあ~そう言えば…というのが半々くらい。

まず、絵に描いたような幸せな家庭。あれっそんな感じだったっけ?
何だか作り物みたいで…。でも、それが伏線なんだろうなぁ。
幸せであればあるほど、その後の落差が大きくなるし。

でも、ご近所さんづきあいのあからさまな描き方とかは、ちょっと行きすぎなんじゃ…みたいな所もあって、原作の雰囲気を知らなければ途中でやめちゃおうか…と思うくらい、正直気の重くなるお話だった…。
ああいうねちねちした人間関係とか、ほんと苦手なんだよなぁ。

ご近所さんがああいう感じなのは100歩譲ったとしても、学生時代の友人までもがあんな感じだと正直げんなりしちゃったりして…。普通、あそこまで言うか?
ま、これも真弓(鈴木京香)の孤立感を際立たせるためには必要だったんだろうけど。
主婦とかを描く時によくあるパターンで、ここでも気が重くなる。

そうそう、ドラマで専業主婦を描く時って、淳子(石田ゆり子)みたいなパターンってけっこう多いよね。
ものすごく完璧にこなしてて、家族に身を捧げちゃうみたいな。(私がずぼらなだけか(^^;)

それにしてもて、高級住宅地に住みたいという真弓の気持ちは私にはさっぱりわからないけど…。
(だって、気苦労多そうだし。私はごく庶民的な生活をひっそりと送りたい…)

でも、あんな状況でも明るく前向きなのが救いと言えば救い。
あのタイミングで、さと子(夏木マリ)に食ってかかるなんて、すんごい度胸あるけど…。(私だったら、完全泣き寝入り)
子供を守りたいという一心からなのか。
それにしても、あの時淳子が助け船を出してくれなかったらと思うとぞっとするわ。

ピアノのくだりはおもしろかったけど、あれで気が晴れるのか…と言われると、私としては逆にまた嫌がらせ受けるんじゃないか…と不安が増しそうだけど。
(そう言えば、淳子は習い事したことないって言ってたけど、ピアノは結婚してから覚えたとか)
下手したら、淳子まで嫌がらせを受けたりすることになりはしないのか。
(旦那が院長だから、大丈夫だとか?)

それにしても、あの状況で、「幸せ」だと言い切る真弓って何なんだろう。
ひばりヶ丘って、そんなにいい町なのか、私には全く理解できないんだよなぁ。

でも、真弓と淳子の距離がぐっと縮まる感じは好きで、ちょっとうるうるしちゃったなぁ。
私も結婚してから長い間友達がいなくて寂しい思いしてたから、何だかわかる。
話し相手がいるだけで、だいぶ違うんだよなぁ。些細なことでも聞いてくれる人がいると、心強い。
しかし、あんな所でカップラーメン食べて、もし誰かに見られたらどうするんでしょう(^^;)。
それに、お湯は一体どうしたんだろう…とか細かいことが気になる私。

お家にご招待されて、楽しそうにしている様子は、見ていて楽しかったしね。
ずーっとこのままでいいんじゃないかとさえ思えたよ。(でも、それじゃドラマにならない(^^;)

でも、子供の受験で二人の距離は遠いのいちゃうのね。
そういう経験がないので私にはわからないけど、やっぱりそういうことがあると、難しいのかな。

それにしても、夏木マリさんのキャラが濃すぎて、逆におもしろい…というか。もはや魔女に見えてくる(笑)
あれ以上やり過ぎると引いちゃうんだけど、実際いそうで怖いよ~。

しかし、子供達の年齢設定がびっくりだよね。
えっ、慎司が小学生?!確かに事件当時が中3だとすると、4年前に遡っちゃうとそうなっちゃうけど…。
中川大志くんっていうのか…。はじめまして(^^;)。確かにあんな子が身近にいたら、ドキドキしちゃうよね~。

で、安田くんが18歳?!京大医学部受験よりもそっちに驚いた。耳を疑った!
おいおい、それはいくら何でも~!4年経っても22歳だよ(ーー;)
でも、髪も黒く短くして、メガネも掛けて、一瞬誰だかわからなかったよ。
役柄的には、意外としっくりきてたけどね。
声のトーンがいつもと違って落ち着いた感じなのが、実は好きだったりする(*^^*)

さて、原作の内容はほぼ忘れちゃってるから、純粋に楽しめると言えば楽しめる。
誰が犯人だったか、本当に覚えてないし…(ーー;)。
時々断片的に記憶が蘇ってきそうなんだけど、やっぱり思い出せない。
でも、雰囲気はね、こんな感じだったなぁ…っていうのが所々にある。

とにかくね、続きが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://anotherroom3104.blog.fc2.com/tb.php/806-686b7cec

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。