*My favorit room*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サトシックな私は、只今『鍵のかかった部屋』に思い切りはまっております。
(ちなみに感想は別ブログへどうぞ~)

で、大野くんと初共演の佐藤浩市さん。
今回はコミカルな役柄でついつい爆笑しちゃってますが、以前は屈折した役柄とか犯罪者の役が多くて、暗い印象だったんですよね。

で、ちょっと超個人的な浩市さんの過去をめぐる旅に出てみました。

私が初めて浩市さんを見たのは、NHKのドラマ人間模様『続・続事件』 ('80)だったんですけど、これがデビュー作だったんですね。(ちなみに私は中学生だった)
三國連太郎さんのご子息ということで、話題になっていたような記憶はあるんですけどね。

これがとんでもなく難しい役柄だった記憶があります。
犯罪者の役なんですが、得体の知れない感じでありながら、まだ子供っぽさも残っていて、ものすごく印象に残ってるんです。
題材も当時としてはかなり衝撃なものだったしなぁ。
母親役が岸恵子さん、弁護士役が若山富三郎さんとこれまたよかったんですよね。
(2~3年前かな~。再放送で観る機会があって、今観てもおもしろかったなぁ)

そして、次に浩市さんを見たのが『私はポルノ女優・小夜子の恋』('86)
あれっ、この間6年も空いてますね。けっこういろんな作品に出てるのにね。

タイトル的にあまり惹かれるものはありませんが、今確認したら、脚本は池端俊策さん。
それじゃ、きっとおもしろかったに違いない。
内容はほとんど覚えてないんだけど、これも確かかなり屈折した感じの犯罪者の役だったような気が…。

とにかくこの頃の印象は役柄の印象が強くて、屈折した薄気味悪い感じで、特に好きではなかったんですよね。
何となく興味はあったんだろうけど…。

また4年空いて、『脱獄山脈』('90)
タイトルの通り脱獄する話だったとは思うんだけど、ほとんど内容は覚えてない…。
たぶん、それまでとは違うイメージかっこいい浩市さんが見れたんじゃないのかな。
でも、私はね、西岡徳馬さんがかっこよかったことしか覚えてないんだけど…(^^;)

そして、『親愛なる者へ』('92)
私の大好きな野沢尚脚本ですよ。当時は野沢さんの名前は知らなかったんだけど、
この作品を発端にどんどん野沢ワールドにのめりこんでいっちゃったんですよね。
この後も浩市さん、野沢作品にはけっこう出てらっしゃいますね。

これでは、確か浩市さんは冷たい感じの役柄でしたよね。
確か、浅野ゆう子さんの元恋人で、浅野さんの現在の夫が柳葉さんだったような。
ドラマ全体も重くて、それまでには見たことのない夫婦の描き方…だったような気がします。
当時、新婚だった私にはあまりそぐわない内容だったかも…というか、当時の私には理解できない夫婦関係だったような…記憶が。
今観たら、また印象が変わりそうな気も…。
でも、DVD化してないから、観れないんだよなぁ~。

この作品以降、ほぼ毎年浩市さんが出てるドラマを観てるんですね。
全然意識してなかったけど…。

『素晴らしきかな人生』 ('93)
これまた野沢作品ですが、『親愛なる者へ』とは役柄がガラッと変わって、優しいお父さんなんですよね。娘役はともさかりえちゃんだった。
(野沢さんは同じ役者さんをキャスティングする時は、たいてい真逆の役柄を設定することが多かったからな)

この役はちょっとお茶目で優しくて、浩市さんのそれまでに見たことのない一面を見て、ぐっと好きになったのかも。

『横浜心中』('94)
これは、浩市さんの真骨頂的なハードなアウトロー的な役柄だったんじゃないかな。

余談ですが、妹役で中谷美紀さんが出てたんですよね。
これが確かデビュー作じゃなかったかな…と思って調べてみたら、『ひとつ屋根の下』が先だったんですね。観てたんだけど、覚えてないなぁ~。
この頃、中谷さんはガソリンスタンドのCMで踊ってたのが印象的。

さて、このドラマはかなりハードな内容で、鷲尾いさ子さん演じるお嬢様との叶わぬ恋にね、私も身を焦がしたもんですよ。
そして、春田純一さんの壊れっぷりが印象に残ってるんだよな~。

ラストはタイトル通りだったんですが、泣けました…。

『天井の青』('94)
これは観てたんだけど、正直桃井かおりさんしか覚えてない…。
これも浩市さん、犯罪者の役だったんだよね。
原作も読んだけど、好きだったなぁ。

『恋人よ』 ('95)
またまた野沢作品に登場ですよ。
これはね、岸谷さんの印象が強いんだけど…。2組の夫婦の複雑な関係にね、ドキドキしたもんですよ。
ある意味ものすごく普通っぽい役だったんじゃないかな~。
 
『翼をください』('96)
これは内田有紀さん演じる女の子をデビューさせるお話だったと思うんだけど。
確か、視聴率的には伸び悩んだような記憶があるんだけど、私的には好きだったなぁ。
浩市さんの役柄の記憶はほとんどないんだけど、一見冷たい感じなんだけど、内に秘めてる的な感じだったのかな~。

『タブロイド』('98)
この辺りからどんどん貫禄出てきて、理想の上司っぽい仕事ができる男っていうイメージができてきたような気がします。

『アフリカの夜』('99)
これは大石静脚本じゃなかったっけ?
好きなお話だったんですよ。でも、浩市さんの役柄が全く思い出せない。
相手役は『恋人よ』でもご一緒した鈴木京香さんだったと思うんだけど…。
私的には、室井滋さんと國村隼さんの夫婦が印象に残ってます。

『天気予報の恋人』('00)
岡田恵和脚本。これも大好きなドラマでしたね。深津ちゃんがかわいくてねぇ。
私、恋愛ドラマにありがちな、初対面でケンカしたり暴言吐いたりする最初の印象は最悪パターンが苦手でして…。
でも、この登場人物はいつまで経っても敬語なの。縮まるようで縮まらない距離感。
ちょっとした勘違いやすれ違いが絶妙でね。
岡田さんの脚本はいかにも悪い人が出てこなくて、脇の役柄まで魅力的なの。
この時の米倉さんの役柄はツボだったなぁ。
あれっ浩市さんの話してないね。
ちょっとシャイでね、普通っぽい浩市さんが素敵でした。

『リミット もし我が子が』('00)
これまた野沢さん脚本。
この頃からかなぁ、私野沢さんのドラマに若干ついていけなくなってきて…。
ハード過ぎるし、何だか突っ走りすぎてる感じがしてね。このドラマも題材がつらかったなぁ…。
でも、浩市さんの印象がない。
とにかく新山千春さんの壊れっぷりがすご過ぎて、妻夫木くんの影が薄かったという記憶はあるんだけどな…。

『ある日、嵐のように』('01)
これはNHKのドラマで、夏川結衣さんや中井貴一さんが出て、見応えのあるドラマだったね。
でも、ゴメン。これも浩市さんの役柄覚えてない。

『天国への階段』('02)
鶴橋康夫と池端俊策という組み合わせは大好きなんだけど、最近お目にかからないわね。
このドラマも好きではまって観てました。
浩市さんはどんどん犯罪に手を染めていく役柄だったんじゃないかと。これまた曖昧なんだけど(^^;)。
こういう役やらせたら上手いんだよな~。

『高原へいらっしゃい』('03)
これはホテルを建て直すお話じゃなかったっけ。
あんまり覚えてない。平山浩行さんを初めて見て、印象に残ってるくらいかな。

『クライマーズ・ハイ』('05)
これはね、ほんと大好きなドラマなのよ。原作も読んで映画も観たけど、私は映画よりこっちの方が断然好き。(ドラマの感想原作の感想
これはDVDも出ているんですが、お勧めです!

『けものみち』('06)
あ~米倉さんが出てたやつね。
これって昔NHKで放送されて、その時は名取裕子さんと山崎努さんで、ものすごくよかったのよ。
でもこっちは、主人公のキャラが変わってたんだよなぁ。現代に合わせたんだろうけど、私的にはNHKのドラマの方が好きだったな。
浩市さんは、憎々し感じが合ってたと思うけど…。

『わがやの歴史』('10)
これはね、正直ほとんど覚えてない。

そして、『鍵のかかった部屋』
三谷作品でコミカルな浩市さんは見てたけど、テレビドラマではシリアスな役が多かったから、何だか新鮮よね。
そして、どんな役を演じさせても抜群の安定感を発揮する浩市さんに惚れ惚れ。

さて、浩市さんの出ている作品のごく一部しか観てないし、記憶がかなりあやふやなので、間違っている所もあるかもしれませんが、そこはご了承下さいね。

浩市さん、これからもいろんな役柄を演じて、楽しませてくれるんでしょうね~。


スポンサーサイト

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
開店休業状態でしたが、2019年に向けてラグビー語ります!

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

新規モニター登録 マクロミルへ登録

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。