FC2ブログ

*My favorit room*

日頃アラシゴトに明け暮れている私ですが、先日図書館に行った時に『外事警察』麻生幾著を見つけてしまい、久々に読書。(こんな濃い小説を読むのは久しぶり~)

                          

これは、以前はまったNHKドラマ『外事警察』の原作…と思いきや、帯に「原案」って書いてあったyo。だから、ドラマとは別物と思って読んだ方がいいかも…。登場人物とか、軸になる部分は共通しているんだけどね。

このドラマがさぁ、とにかくすごくて…。手に汗握るとかそんな安っぽい言葉では表現できない緊迫感。しかも、渡部篤郎さんがめちゃくちゃかっこよくて~(結局そこか)、思いっきりはまりました。

話の内容は、かなりダークでディープで…ずぶずぶとはまってしまいます。
(興味のある方は、(初回最終回の感想があるので、どうぞ~)

まず小説を読んでみて思ったこと。とにかく登場人物が多い…。(ドラマも多かったけど、映像だからそれぞれのキャラクターが頭に入りやかったし)
冒頭に登場人物紹介のページがあるので、最初の方はいちいちページをめくっては確認してたんだけど、途中から面倒くさくなって放棄(^^;)。 主な人物だけわかれば無問題ということで、他の人たちは何となくニュアンスで読んでました。(けっこういい加減(^^;)

ストーリーはドラマとは全く別物。でも、ドラマで見聞きした専門用語とかが出てきて、ちょっとテンション上がったわ。

怪しい人物を追尾(尾行)するのに隠語を使うんだけどね。「長男、脱尾」とか言うのよ。(「脱尾」は追尾をやめること)名前で呼んじゃいけないから、「長男」とか言うわけよ。もうそんなどうでもいい所に反応する私はどこまでアラシックなんだけど…。

その追尾に関して言えば、刑事ドラマとは段違いな尾行っぷりよ。彼らは街に溶け込む、もしくは気配を消しちゃうのよ。

この点でいうと、ドラマに出てくる外事の面々がね、恐ろしく普通っぽい人たちばっかりなの。そんな特殊な任務についているような人に見えないわけよ。この人選にカンパーイよ。

北見敏之さんとか遠藤賢一さんとか山本浩司さんとか。たぶん名前見てもたいていの人が誰?って感じじゃないかしら?でも、顔見たらそう言えば何かのドラマに出てたな~っていう感じの俳優さん達がぞろり。ある意味ぜいたくよね~。
私は北見さんとかけっこう好きだわ~。渡部さんとは『永遠の仔』で共演してたしね。

そんな彼らが街にとけ込んで、追尾する場面はかなり好き。
でも、新人のひなちゃん(尾野真千子)は(刑事としてはある程度経験を積んでいるとはいえ、外事では新人)、やっぱり追尾する時に逃さないわよオーラが出ちゃうわけよ。そこで住本(渡部)に脱尾しろって言われちゃうんだけど…。そういうのも含めてかなり好き。

しかも、相手が少しでもこっちに気づきそうになったり、不審な行動をとったら、すぐ脱尾しちゃうの。だって、そこで相手に感づかれたら、それまでの苦労が全て水の泡だから。その潔さったら、ないわ~。
しかも、自分たちも尾行されてないかいつも細心の注意を払ってるの。そりゃぁプロなのよ!

って、ストーリーよりもこんなことを熱く語っちゃうマニアック目線がちょっとうっとうしいかしら…。ていうか、いつの間にかドラマの話になってるしね(^^;)

ストーリーはね、私は正直ドラマの方が好きなんだけど…。日本の現状を表しているというか、あ~そういうことだったのねって、最後納得しやすいの。

小説の方は、スケールが大きいというか、かなり生々しくてね。これはちょっと映像にするには無理があるっていうか、映画ならまだしもお茶の間では流せないわ…って感じ?
だから、ドラマは大幅にストーリーを変えちゃったのかどうかはわからないけど…。

でも、『ハゲタカ』の時も登場人物や大枠だけ残して、ストーリーとかキャラ設定もごっそり変えちゃったみたいだから、それは関係ないのかしらね。(ちなみにどちらもプロデューサーは同じ)
私が今まで生きてきた中で、一番はまったドラマが『ハゲタカ』なんだけど、感想は…残念、ブログにはないわね。(昔のHPに載せてたんだけど、かなり前にやめちゃったし~)
                       

あ~ん、だめだわ。横道にそれてばっかりで前に進めない…。いつもにも増して…。

でも、小説は思ったより読みやすかったかも…。わかりにくい部分もあったんだけど、私はたいていのことは7割できればOKな性格なので(理屈っぽいけど、完璧主義でもないし、意外とおおざっぱな性格なので…)、前述の登場人物の件にしろ、終盤に向かっての怒濤の展開にしろ、雰囲気がわかればOKみたいな感じで、もう勢いで読み進んでいったわよ。

だって、いろいろ細かいこと頭で考えてる場合じゃないっていうか、どうなっちゃうのどうなっちゃうの~って感じで、終盤は一気に読んじゃったわ。

麻生さんの文章は、題材が題材っていうこともあってけっこう込み入ってて読みにくいようにも見えるけど、私としては意外とさらっとしているなという印象。各部署とか政界とかの思惑とかが入り混じってるんだけど、あんまり1人1人の心情描写が細かくないの。あ~官房長官の村松はけっこう詳細に書いてあったわ。(とーってもやな女だったけど…。ドラマでは余貴美子さんで、これもやな女だった…)

心情的な部分(外事であるがためにいろんなことを犠牲にして、必死に働いている)や外事のあり方みたいなものもドラマの方がわかりやすかったから、小説を読む時はそこのところを脳内補完しながら、読んだんだけど…。

ドラマはそれぞれの心情が丁寧に描かれていて、私好み。
それぞれの人間関係がね、ヒリヒリしていて、時には傷口に塩を塗るようなこと平気でしちゃうわけよ。でもね、そこにはちゃんと理由があるというか、そうしなきゃ前に進めないっていうか。ああいう世界では生半可な精神や覚悟じゃ生きていけないってこと。

だから、ミステリー仕立てな部分とそれぞれの心情(思惑や駆け引き、葛藤とか)がバランスよく描かれていて、それはそれははまりまくったわよ。

最近、やたらミステリー部分に比重を置きすぎて(視聴者の裏をかくことに必死になっているように見えたり、やたらもったいぶったり、ややこしかったりするドラマが多いような気がする今日この頃…。あっこれはあくまで私の個人的な意見ね)、このドラマはそれぞれの心情が痛いほど伝わってきて、いろんな意味でつらかったわ。
協力者(スパイ)との密接な結びつきとかね(利害関係だけじゃない)がね、胸をえぐってくる感じ。

あれあれ、小説の話のはずなのにやっぱり横道にそれてる?
それだけ私があのドラマに心酔していたっていうことだから、許してちょ。あ~ドラマが観たくなってきた~。

特に主人公の住本(渡部篤郎)はね、ドラマを観た後だと、小説では物足りなく感じるわね。
だってね、ドラマの住本はすんごいの、すんごく冷たいの。もう恐いのよ~。でもね、飄々としている部分もあって、しかも色っぽいの!(やっぱりそこか…)でもね、そういういシーン(どんなシーンだ?)は一切ないのよ。それなのに色っぽいのよ(だからしつこい)

ということで、小説の住本には一切ときめかなかったけどね。でも、彼も頑張っていたわ。(って、何様)部下達があんな目に会わされて、私もさすがにうるうるしちゃったし。

とにかく小説とドラマ、別物として考えれば、どちらも十分に楽しめる…というかはまれると思います。

                          

そうそう、これまたドラマの音楽がいいのよぉ~。超絶かっこいいの。サントラ欲しい~と思ったら、なぜか出してくれなかったわ。残念…。

結局最後までドラマの感想か(^^;)。


スポンサーサイト

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR