FC2ブログ

*My favorit room*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日暑くてブログを書く気になかなかならなかったのですが、久々の更新です。

先日、『借りぐらしのアリエッティ』を観てきましたが、うーん、何だかいまいち盛り上がらない内に終わってしまったなぁ~という感じ。淡々としていて地味な感じなので、子供受けはあまりしない…というか、正直次女(小三)は退屈そうでした(^^;)。

異世界に飛び込んでいろんな経験をするというドキドキワクワク感や、ジブリならではの躍動感や疾走感がなく、淡々とした感じ。ジブリにはどうしてもそれを期待してしまうので、それがないと何とも寂しい…。

まず、主役の2人がどちらもまじめで何ともおもしろみのない2人なんですよねぇ。きれいすぎだし…。もっと無様だったり、どちらかがもうちょっとはみ出してる感じでもよかったような気もするんですが…。
翔の設定もありがちで…。だから、2人のシーンはどちらかというとちょっと退屈な感じもなきにしもあらず…。個人的にはスピラーにもっと絡んで欲しかったなぁ~。

他にも、これは!と思う魅力的なキャラクター、意外性のあるキャラクターがいなかったのが残念。
母親やはるさんはさすが…という感じではあるけれど…。

実は映画を観ている間、ハルさんの声が誰かが気になって気になって…。どこかで聞いたことがある声、ベテラン女優さん、しかもとっても安心感のある女優さんなんだけど誰なんだろう~?って。
後で、ネットで調べたら樹木希林さんでした。やっぱり上手い!彼女のおかげで物語に多少のおもしろみが出てきたけれど、でもやっぱりストーリーとしては物足りなかったなぁ。

お父さんは、ジブリには珍しくかっこよく頼りがいのある感じだったけれど、肝心な時(お母さんがつかまった時)にはおらず、活躍の場は無かったしな~。

それにしても、主役の2人の言動が私には理解できなかったせいで、物語にも入り込めなかったなぁ。翔の「滅び行く」とか「心臓の一部」とかは何だか唐突な感じだし、わかりにくい。次女は尚更だっただろうなぁ。
それから、翔はなぜアリエッティたちの住処があそこにあることがわかったのか、なぜドールハウスのキッチンとわざわざ入れ替えたのかが、私にはさっぱり理解できず…。

それに、アリエッティがなぜわざわざ角砂糖を返しに行くのか、私には理解できなかったなぁ。
アリエッティが人間に姿を見られた時の動揺がひしひしと伝わってきて、私は泣きそうになっただけに、その後の軽率な行動を見て、何じゃそりゃ~!と。ここは一切の接触を断つべきでしょ。どうしようもない事情が起きてやむを得ず会いに行くというんだったらわかるんだけど…。
これは、恋をしているから…という動機付けでいいんでしょうか。でも、私は2人には恋心とかいうものは感じなかったので、それを言われるとうーん。

それから、私にとって、小人といったらコロボックル。佐藤さとるさんと村上勉さんの描き出す小人たちは本当に存在しているんじゃないか…と錯覚してしまうくらいにリアルで一人一人が魅力的です。
彼らの特徴として、動きは人の目にとまらないくらい素早く、話すスピードもものすごく速い。そして、人間に見つからないように最新の注意を払っています。
それに比べると、アリエッティたちはあまりに無防備過ぎるような…。最初に庭で見つかった時、えっそんな~あまりにも無防備過ぎるでしょ!と突っ込んでしまいました。


                          

しかも、自分たち以外に小人がいるのかいないのかわからないって~。その危機感のなさ。じゃアリエッティ一家はあの家で血を絶やしてしまうつもりだったのか。両親はアリエッティの将来を本気で考えていたのか…。
人間に見つかったから引っ越す…とか言う前に仲間を探しに移動すべきだったんじゃないかと。お父さん、意外と簡単にスピラーを見つけちゃうし(^^;)。もっと早く行動に移すべきだったのかもね。

いろいろ突っ込みだしたらきりがないんだけどね~(^^;)。

NHKの番組を見ていたら(南朋さんナレーター)、実は映画化するにあたって、いろんなアイディアが出されたらしく、その中には幼いアリエッティや勇ましい感じのアリエッティもいたらしく。勇ましい感じのアリエッティは、数少ない仲間を探す旅に出るというお話だったらしい。私は是非これを見たかった~。

この映画を作り上げる上での葛藤や苦労はわかったけれど、お話としては物足りなかったな…というのが正直なところ。
脚本は宮崎駿さんが書いたらしいので、元々描きたい世界ではあったんだろうけど…。


スポンサーサイト

*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。