FC2ブログ

*My favorit room*

『流星の絆』
まさか犯人が柏原(三浦友和)とは思ってもいませんでした。だから、あの傘の傷を見た時はショックだったな…。
だって、私の一番印象に残っているシーンが柏原の「殺すね…」という一言を聞いて、何かをぐっと噛みしめているような表情の功一。ここで泣いてしまった私とてしては、柏原は絶対あり得なかったのに。
でも、後になって考えてみれば、犯人が柏原であった方がこの言葉はより重い意味を持ってくるわけなんですよね。

でも、やっぱり何で戸神じゃなくて柏原なんだよぉって思ってしまいますが、彼らが遺族ということを引きずって、犯人を探して殺すことを生きがいにしていることを乗り越えるためにはやっぱり柏原じゃなくちゃいけなかったのかな…と。
戸神だったら、憎んだり殺したいと思うことは容易だったと思うけど(静奈は複雑かもしれなけど…)、信頼している人が犯人だからこそ、そういう感情を超えたところにたどり着けたのかなと。

殺された理由がレシピではなく。お金のためというのもなんとなく皮肉っぽいですね。でも、自分たちがやってきたこと(詐欺)も結局はお金のためだったんだし…。

最後の数年後のシーンもよかったなぁ。まゆなし…おいしすぎです。

笑ったり、泣いたり、考えさせられたり、一粒で何倍も楽しめるドラマでした。
きっと原作は暗くて、淡々としていてるんだろうなぁ。そういうのって私は好きなんだけど、なぜか東野圭吾は私の好みではありません(^^;)。でも、原作本はサンタさんにお願いしたので、届いたら読みたいと思います。
クドカンがどんな風に料理したのか、楽しみだなぁ。

『スキャンダル』
最初はおもしろくなくて、第一話でギブアップしそうだったけれど(^^;)、このキャスティング&脚本家だったら何かあるはず…と見続けてよかった。終盤に向けてこんなにひきつけられるドラマも珍しい。(逆のパターンは多々あるけど。最終回で何度がっかりさせられたことか…)
最初は何となくうっとうしかった4人の関係だったけど、最後の方は4人揃うのが楽しみになってました。
それにしても何ともせつなかったのがたまき(桃井かおり)。あの子供部屋は衝撃だった…。そして、結末も。でも、勝沼(小日向文世)がいるから大丈夫か…。この二人のシーンが一番好きだったかも…。

『M1』
ドラマじゃありませんが…、やった~NON STYLEが優勝だ~!!
最近私の中ではNON STYLEがダントツだったんです。でも、この間の『レッドカーペット』のスペシャルにも出てこないし(たむけん出すくらいなら、永井佑一郎出せ~)、「イロモネア』も途中でダメだったし…。
でも、これであちこちの番組に引っ張りだこになるんでしょうね。ちなみに私の好きなネタは火事のネタなんですけど、見られるかなぁ。

そう言えば『R1』『M1』もあるのに3人組っていうのはないですよね。
ななめ45°とか我が家とかおもしろい人たちいるのにねぇ。ちなみに私は2分の5が好きです。ほかに東京03とかもいいなぁ。

そうそう…最近見ないですけど、私上原チョーも好きなんです(^^;)。
どうも私は韻を踏むとかいうのが好きみたいで…。上原チョーしかり、永井佑一郎しかり、ジョイマンしかり、エドはるみしかり、はたまたマイケルしかりって古っ。一体どこに行っちゃんでしょうね。
永井やマイケルの微妙なすべり具合も好きです。


スポンサーサイト



*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR