FC2ブログ

*My favorit room*

録画していた『64』を見た。
前編はまぁなんていうか、既視感(^^;)。まぁドラマを見ているので、そりゃあそうなんだけれど。そして、その上を行く違和感。三上ってこんな人物だったっけ?なんか違う。そして、やっぱり展開早い。時間の制約あるからしょうがないと言えばしょうがないけど、いろいろ説明不足だし、人物描写も浅いし、誰にも感情移入できない。ドラマの時の一つ一つに一人一人に心動かされ、ヒリヒリしたあの感覚はいずこへ。

そして、後編。意外に早く犯人わかって、えっもうおしまい?いや、まだ時間はたっぷりあるぞ…と思ったら、新たにオリジナルストーリーが付け加えられてて、これがすんごいことになってた。いやいや、それはないでしょ…っていう三上の暴走。三上の人物像に抱いていた違和感が気のせいではなかったことに気づく。何とも後味の悪い結末。結局何がしたかった?あの子を傷つけて…。

ドラマの方は最後きっちり解決したわけじゃないけど、でも、それを受け入れ、そこからまた新たに歩き出そうとする面々の姿が清々しかった覚えがある。現実味もあったし、感情移入もできたし、満足できる作品だった。
がしかし、映画は無理矢理に解決させようとして、三上を暴走させ、とんでもない展開に。いやいや、そういうことじゃないんだよなぁ…と。原作の軸が完全にずれてしまっているように感じた。
この感覚、そういえば前にあったぞ。そうそう、『OUT』と『模倣犯』 どちらも原作の主題となる部分が完全にずれてしまっていて、よく原作者が怒らないな…と思った記憶が。(ちなみに『OUT』のドラマ版はおもしろくて、のめり込んで見た記憶が…)

ミステリーではあるかもしれないけど、人間ドラマとしてものすごく好きなドラマだったのにな。(ドラマの後に原作を読んだんだけど、けっこう忠実に丁寧に映像化されていて、驚いた記憶が)私は三上の仕事や人に対する姿勢が好きだった。不器用で、でも、包容力、決断力、瞬発力もあって、どうにもならない状況でもなんとかしようともがき苦しむ三上が好きだったのに。そして、三上を取り巻く人たちのそれぞれの立場、苦悩も感じられて、おもしろかった。

映画もキャスティングはよかったと思うけど、これだけの役者を集めて、あの脚本w( ̄o ̄)w。
そういえば、『クライマーズハイ』もドラマがものすごく良くて、映画見たらがっかりした記憶が…。この時は、ドラマの方に浩市さんが出てたんだよね。新聞社と一言で言っても、その中にはそれぞれの部署、立場があって、そしてそこにはそれぞれの大義名分やどうしても譲れない部分があって、その壮絶な闘いが見ものだった。真実を明らかにする、報道するという軸もありながら、人間ドラマとしても見応えがあった。

映画『64』を見終わった後、映画に時間を費やすなら、ドラマの方をを見ればよかったーと激しく後悔。(でも、見なきゃわからなかった) BDに保存しているので、引っ張り出して見てみるかな。
スポンサーサイト
次女にせがまれて『暗殺教室』観てきました。

原作は読んでないのですが、かなりぎゅぎゅっと凝縮された感があります。
全体的に急ぎ足で、キャラやエピソードもいまひとつ踏み込みが足りない感じがするので。
あれ?そうなの?そうなっちゃうの?みたいな~(^^;)
次女に聞いたら、かなり端折られてるし、あちこち原作とは違う…と。
ま、13巻分(?)を2時間とかにまとめちゃうと、どうしてもそうなっちゃうよね。

でも、不覚にも最後泣きそうになっちゃったんだよなぁ…。
ストーリー的にそんなはずはない…とわかっているのに、危なかったぜ~。

しかし、中学3年生という設定は無理過ぎるよ~。
清史郎くんと菅田くんが同級生って!!(子供と大人にしか見えない)
別に高校3年生でよかったんじゃなかろうか。
(原作と違う所はあちこちあるらしいのに、なぜあえて頑なに中3?)

ま、他にもいろいろつっこみ所はあるけど。
舞台が学校限定で、全く家族や家庭の姿が見えないとか。(原作では描かれてるらしいけど)
あんだけいろいろあったら、保護者からクレーム来そうとか。

そうそう、次女はいつ映画が始まったかわからなかったらしい。(原作読んでるのにね)
私は原作読んでないけど、設定はある程度知ってたので、
これってもしかし殺(コロ)先生の視点じゃないの?ってすぐ気が付いたんだけど。

殺先生はなかなかチャーミングでしたよ。でも、ついついニノの顔がちらつく(笑)
エンドロールもなかなか粋だったんじゃないでしょうか。
引っ張り過ぎな感じもしないではないけど(^^;)

TO BE CONTINUEDって出てたので、また続きがあるんだろうけど。(想定内)
正直、また映画館に観に行くか…と言われたら、できれば遠慮したいけど…。
元々興味ない分野なので。

原作好きな次女はどうなんだろう。今度聞いてみよう。
映画『舟を編む』観てきました。
『図書館戦争』と迷ったんだけどね。「戦争」と名が付くからには、やっぱり戦闘シーンとかあるよね。
そういうの、あんまり好きじゃないので…DVDでもいいかなぁと。
大音量でドカンドカンやられると、きついから(^^;)

個人的には、静かな映画が好きだしなぁ。
そしたら、やっぱり大当たりだった。超好みのタイプの映画だった。

原作は読んでいなかったので、辞書を作る…っていうことしか知らなかったんだけど…。
だからこそ、純粋に楽しめた。

そうそう!観ていて、ふと『神様のカルテ』を思い出した。
宮崎あおいさんが出ていたからっていうのもあるんだろうけど…。
住んでいる所がかなりレトロな建物だったり、風変わりすぎる主人公だったり、不器用すぎる主人公と相手役のあおいさんの関係性だったり、主人公がずっと敬語だったりと共通点が多かったからかな。

全体的には、ものすごい事件とかが起きるわけでもなく淡々とした感じではあるんだけれど、辞書を作るための熱い想い、地道に1つ1つの段階を踏んで進んで行く様、それぞれの役割(仕事の内容だけでなく、ストーリーの中での)とかが過不足無く描かれていて、心地良かったです。

辞書の持つ役割や意味、作るという工程も端的に表現してくれて、俄然辞書作りに興味が出て来ました。
思わずあそこで働きたい!と思ってしまったほど(笑)。私、地味な作業好きなんで、けっこう向いていると思うんだけどな~。

と言っても、普段は辞書なんてたまーにしか引かない私ですけど…。
(そう言えば、テレビのインタビューで、本を読んでいてわからない言葉があったら、龍平くんは辞書を引く派だって言ってたけど、あおいちゃんは引かずに読み進める派。私もあおいちゃんと一緒。読み方すらわからなくても、雰囲気でガンガン読み進める!)
しかも、今見てみたら、うちにある辞書、旦那が学生の頃使っていたもので、'80年版です(^^;)
ちなみに「自閉症」の意味が完全に間違ってます。(やっぱり改訂版が必要だよね)
あ~、『大渡海』が欲しい~!でも、言葉は生き物だからね。きっときりがないと思う。でも、それが楽しいんだとも思う。

辞書って、ものすごく堅苦しいイメージだったんだけど、この映画で覆されたね。
言葉の持つ意味を。言葉に対するイメージを。
私も数年前までは、言葉遣いとかけっこう気にする方だった。
でも、最近は日々変化する言葉の意味や使い方、新しく出てくる言葉って面白いな~と思って、ガンガン使ってたりする(^^;)

言葉は日々変化し続ける物。
大切にし続けたいけれど、新しい部分もどんどん取り入れていきたい。
あらっ、映画の感想じゃなくなってる?

えーとね、観ていて、余白の多い映画だなぁと。
台詞もそんなに多くなくて、でも大切なことはきちんと伝わってくる。
余白すら心地いいと思わせてくれる。

私、実は、基本的には映画よりドラマの方が好きなんですけどね。
映画のちょっと不親切な感じ(台詞が少なかったりして、わかりにくい時がある)やぶつ切り感(唐突なシーンの切り替えについて行けなかったりする)が、それが映画なんだよ、わからない方が悪いんだよ…な上からに思えて(被害妄想?)、たまにしゃくに障ることがあるんで(笑)

でも、今回はそういう事も気にならず、心地良かったんだよなぁ。

そう言えば、俳優さんもよかったねぇ。
加藤剛さん、久しぶりにお目にかかりました。(原作とは、見た目がかなり違うみたいだけど(^^;)
小林薫さんも、お久しぶり~。(初めて見たのは、『峠の群像』でした。やっぱり抜群の安定感)
伊佐山ひろ子さんは、一筋縄でいかなそうな所が好きです。でも、いい人なんだよね。
オダジョーは、へぇ~こんな立ち位置もできるんだ…と、素直に感動。

そして、一番好きだったのは、渡辺美佐子さん演じるタケさんでした。
あばずれ感があるんだけど、あったかみがあって、大好きだった~。

龍平くんは、この役柄にぴったりだったねぇ。
ちょっと気持ち悪かったもん(笑)
でも、にくめなくて、やっぱりどこまでも「真面目」なのが魅力でした。

思わず原作本も買ってきてしまいました。
でも、大筋は映画と一緒なんだけど、エピソードの1つ1つはけっこうオリジナルだったりするのね。
(まだ半分も読んでないけど…)
読んでしまったら、また感想を書くつもりです。


【送料無料】舟を編む [ ...

【送料無料】舟を編む [ ...
価格:1,575円(税込、送料込)

今日TSUTAYAで久しぶりにレンタルDVDコーナーをのぞいてみたわけよ。

そしたら、きゃ~『怪物くん』(連ドラ)のDVDが入荷してる!(ていうか、遅過ぎだろっ)
私が大野くんにはまって『怪物くん』借りようと思った時には置いてなくて、ネットレンタルしたんだよなぁ~。しかも、「映画公開前にチェック!」とか書いてあるんだけど、いやいやもう公開して2ヶ月が経とうとしていますけどね…。ぼちぼち上映終了の映画館も出てきていますけどね…。

で、あれっその下には『外事警察』のDVDがどどーんと並んでいる。(3~4セットは置いてあったかな?前は1セットだけじゃなかったっけ?)しかもほとんどがレンタル中だよ。
それにしても、なぜ今頃『外事警察』なんだ?
そりゃぁもんのすごーーくおもしろくて、骨太の…重ーい胃がキリキリするような私好みのドラマだったけどさ。もう何回も繰り返し観て、DVDもお買い上げしちゃったし。

そしたら、「映画化 6月2日公開」って書いてあるじゃないのさぁ~。
ひぇ~っ!!全く知らなんだぁ~。もうっ教えてくれよ~(って、誰に言ってるんだよ)

もしかして『ハゲタカ』に続いて映画化あるかも…なんて考えたこともあるんだけど、全然そういう話目にしないから、あきらめてたんだよ。
そっかぁ、とうとうやるのね。嬉しい…猛烈に嬉しいよ~!!
あ~また一つ楽しみが増えたな。(他の楽しみ?そりゃぁ、嵐コンでしょうよ~。いつあるのか、はたまた当選するのかもわからないけど…)


映画には、渡部篤郎さんはもちろん尾野真千子さんも出てます。
尾野さんは『外事』で初めて見たんですけど、ものすごく魅力的な女優さんなんです。役柄と素のギャップもたまりません(『スタジオパーク』に出た時は、素直で天然なとってもかわいらしい印象でした)

その後に観た『火の魚』もものすごくよかったんだよなぁ。
そう言えば、朝ドラ『カーネーション』に出てるみたいですね。私紅白で見るまで全然知らなくて(^^;)。最近アラシゴト以外の情報にとんと疎くなってしまったからなぁ…。

それから、『外事』で、あらためて渡部さんの魅力にずぶずぶとはまっちゃったんだよなぁ~。その時のことをちょっとだけ語ってます。→ここ

他のキャストもほぼドラマと同じ…あ~嬉し過ぎるわ。
しかも、田中泯さんまでご出演とは~!!
お~ワクワクするぜ~。


『神様のカルテ』観に行かなきゃ…と思いつつ、何だかタイミングが合わなくて。そしたら、金曜日で終わりということだったので、櫻井くん好きの母を誘って行ってきました。

私、櫻井くんが演技をするところを見るのは実は初めて…と言いたいところだけど、その前に『謎解きはディナーの後で』を観たんだったわ。
あっでも、私早々にリタイヤです(^^;)。ごめんね、櫻井くん。私元々…謎解き物とか一話完結物にははまれないんです。『古畑任三郎』すらリタイヤしちゃったしねぇ(^^;)

さて、『神様のカルテ』
原作は以前読んだんだけど、具体的な内容はほとんど忘れてて…。キャラクターや空気感みたいなものは何となく覚えてたけど…。
でも、観ている内に、この人物設定は違うな…とか、ここは省略されてるな…とか、思い出すことはあったけれど、それはそれでありかなと。原作の雰囲気や描きたいことはきちんと表現できていたような気がします。省略、変更されていた部分は、長編小説を2時間に収めるには妥当な判断かな…と。(えらそうだな…)

しかも、「神様のカルテ」というワードが最後にああいう風に使われているとはね。
確か、原作にはなかったですよね。(記憶があやふやで申し訳ない…)
実は、私原作を読んだ時に、このタイトルの壮大な感じと内容の現実的な感じのアンバランスさにとまどっちゃったところもあるんですけど、映画ではうまくバランスとってましたね。

医療現場の実情についても、短い時間の中でけっこう丁寧に描写されていたんじゃないかな。

櫻井くんの一止。原作を読んだ時は、櫻井くんじゃかっこよすぎじゃね?と思ってたんだけど、これがなかなかはまってました。髪型も変えて、あの風変わりなしゃべり方も似合ってたし。そして、繊細な部分もね。

医療の現場って、私たちが非日常だと思っていることが日常でしょ。
葛藤やもどかしさと戦いながら、どうやって現実との折り合いをつけるのか。とっても難しい問題ではあるけれど、決して避けることのできない問題。
それに、真剣に向き合っている一止がね、見ていてたまらなかった…。

私、実は映画館で予告を観た時点で号泣しそうで…。だから、映画館で観るかどうか迷ってたんですよね。
それに、人生も折り返し地点を過ぎると、死とか病気とかが少しずつ現実味を帯びてきて…。だから、この頃はそういうものを扱ったドラマとか小説とか避けてたんです。(未だに『おくりびと』も観れないし…)
でも、思い切って行ってみてよかったですよ。
あったかい気持になれたし。

向き合うことは大事ですよね。向き合わなきゃ前に進めないしね。
それに、いつかは受け入れなくてはいけないことですからね。


それから、景色がきれいでしたねぇ。
私、7~8年前くらいに長野に家族旅行に行ったんですよ。名古屋から高速道路使って行ったんだけど、遠くに連なる山並みがね、壮大ですごかった。九州じゃあんな景色見れないもんなぁ。

そう言えば、ロケ地に美ヶ原ってありましたねぇ。どのシーンだろ。榛名が写真を撮っていたところかな。家族旅行で行きましたよ。ほんと壮大な景色でね、感動でした。
そうそう、原作には冬の王ヶ頭も出てきたんじゃなかったっけ?ここも行ったよ。もちろん夏だけどね。

原作は『神様のカルテ2』もあるけど、映画はどうなのかなぁ~。
是非、作って欲しいなぁ。


*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR