FC2ブログ

*My favorit room*

いや~昨日は訪問者数が一気に増えてびっくりしちゃいました。タイトルが意味深だったかな…。ほんと…たいした内容じゃなくてすみません(^^;)。

さて、今日は大野くんの話題じゃなくて…ドラマの話題。

『Q10』終わっちゃいましたね。
佐藤健くんにも前田敦子ちゃんにも興味のない私でしたが、木皿泉脚本と知り、観ることにしたのでした…。
木皿さんの『すいか』や『セクシーボイスアンドロボ』が大好きなんです。
大げさなことを言っているわけでもなく、説教じみているわけでもなく…。でも、それはとても当たり前のことだったり、身近なことだったり、大切なことだったり。でも、ついつい見逃してしまったり、忘れてしまいがちなこと。そういうことをうまく言葉にして、伝えてくれます。

このドラマは…というと、確かにおもしろかったし、台詞の一つ一つはしっかりとそこに息づいていて、なるほど~と思ったりもしたんですが、でも、思っていたほどはまることはなかったんです。(アラシゴトで忙しかったっていうのが一番の原因なんだけど(^^;)

しかし、思いの外はまったのが次女でした。ストーリー自体はわかりやすいと言えばわかりやすい。でも、けっこう一つ一つの台詞は深い意味を持っていたり、小学生にはわかるのかな…という感じではあったけれど、次女は純粋に楽しんでいたみたい。

一方、私はながら見だったり…とそんなに思い入れもなく…。最初に平太とQ10が出会った時点で、最後に別れが訪れるのはわかっていたことだし(もう、大人ってや~ねぇ)。
しかも、最終回の前に突然訪れた別れ。えっどうなっちゃうのって、唖然としてしまっいました。
でも、最終回は何だか胸にせまってくるものがあって、ほぼ1時間うるうるしっぱなしでした。

特にQ10がリセットボタンを押される時の「また、明日」(でしたっけ?)にやられました。Q10はロボットなのに…ね…ていうか、ロボットだから泣けるっていうか。こっちで勝手にいろんな思いや感情を投影しているだけだと思うんですが…。でも、何だか妙に泣けました。一人で観ててよかった~。

メインの二人のお話はもちろん、周りの面々も魅力的でした。
白石加代子さんは木皿ワールドには欠かせませんねぇ。爆笑問題の田中さんとの親子役も何か妙にリアルな感じで笑えたなぁ。
私の青春…薬師丸ひろ子さんも見れて嬉しかったし。
柄本親子、まさかの共演にはびっくり!
細田くん、毎回笑わせてくれました。
平太の家族も大好きだったなぁ。特に光石さんのあったかさ、大きさには参りました。そうそう校長先生役の小野武彦さんも。
お友達役の池松くんや賀来くん、二人とも初めて見たんですが、いい感じでした。悩みは違えど、何とかいい方向に進めそうでよかった~。

最後は、いろんなことがしっくりきました。SFチックな設定でありながら、そこにはものすごく身近だけど忘れがちなことがしっかり描かれていました。
個人的には未来の奥さんとの出会いは予感させる程度でよかったような気もするけれど…。でも、平太が笑えるようになったから、まいっか~。

佐藤健くんは『龍馬伝』でも好演してましたし、意外にいろんな役こなせそうで、将来が楽しみです。残念ながら、私のときめきスイッチは入りませんでしたが…。
前田敦子さんは、Q10にしか見えなかったです。ロボットなのに何とも愛らしく、でもどこか無機質な感じもあり、不思議な存在でした。

こんなに次女が気に入るんなら、やっぱり保存版としてとっておけばよかったかな~。
また見返すと、いろんな発見がありそうなドラマですからねぇ。


スポンサーサイト
武市(南朋)さん最後の回なので、心して観ました。
実は、前回の「龍馬の大芝居」をまだ観てなかったので、2回分まとめて。

史実はどうか知りませんが、う~んどうしても龍馬を絡めたいみたいですね。
東洋殺しの罪をかぶるという思い切った行動に出ましたが、それで丸く収まると思っている龍馬が正直…気の毒です。(武市さんが、それで納得するとでも思っていたのか…)
だいたい武市さんが土佐に帰る…と言った時に、龍馬も覚悟ができていたと思っていたのですが(この場面は好きだったなぁ)、弥太郎の手紙ひとつで土佐に飛んで帰っちゃうという…。あの別れの場面は何だったんだ。

それにしても気になるのが時間。一体武市と以蔵が投獄されてからどんだけの時間が経ってるんでしょう。あの時代手紙が届くのに何日かかるのか、土佐まで帰るのに何日かかるのかわかりませんが、気の長い話です。龍馬が土佐に帰っている間、沢村惣之丞(要潤)達は何してたんでしょう?

さて、武市さんの最後だと思っても、実はそんなに感慨深い物もなく…。ずっと武市さんの描き方にはしっくり来ないものを感じていたので。
勤王党を立ち上げ、下士達を導くような大人物には見えなかったんですよね。なぜ攘夷なのか…という問いに対しても、お殿様のため…とか何だかいつもしどろもどろで全然説得力がないし。「饅頭屋ごときが…」とか言う台詞なんて、こいつ小さい奴だなぁ~って、悲しくなっちゃったし…。ここら辺、脚本がどうにかならなかったのか…と。

「わからん、わからん」と言っている龍馬の方がなぜか説得力があったしな。今の時代からしてみれば、攘夷という考え方は受け入れにくいし、龍馬の考えの方が受け入れやすいというのもあるんでしょうが、描き方次第では勤王党に肩入れしたくなる…ということもあり得たと思うし、そういう気分も味わってみたかったな~。

南朋さんだから、武市さんを何とか応援し続けてきたけど、他の役者さんだったらとっくの昔に愛想を尽かしてましたよ…。吉田東洋暗殺に関してもなぜひた隠しにするのか、私には理解できず。最後のお殿様との場面でも、なぜ真実を話す気になったのかわからなかったです。結局、自分がお殿様に認められればそれでよかったのか…。以蔵を始め他の下士たちの気持ちはどうなるのか…。
結局、武市さんは何がしたかったんだろ~。あの描き方じゃ、東洋殺しも私怨にしか見えなかったしな…。

それに、とっくに帰ったと思った龍馬はまだ土佐にいるし。
いくら何でも牢獄にいる武市さんに会いに行くのは無理があるんじゃ~。しかも自分が罪をかぶることで万事上手く行くと考えている龍馬が私は不思議でなりません…。じゃぁ、あんたが牢獄に入ればいいじゃん…と。でも、はいそうですか、ありがとうと…と武市さんが納得するわけないだろう~!

だから、残念ながら感動するであろうこの3人の涙の場面は、私は全く感動できず。
ここでも、武市さんに「龍馬のおかげ」みたいなことを言わせてましたね。そんなに龍馬を持ち上げたいか…。
別に私は坂本龍馬のことは何も知らないので、どう描こうがそれはそれでいいんじゃないか…と思うけど(別に福山龍馬のこと嫌いじゃないし)、やたら周りが龍馬を持ち上げるのが何だかいまひとつ…ぴんと来ない。逆にこいつ変な奴…と言われていた方が私としては興味を持てるかも…。

あ~あ武市さんの最後なのに、私はずっとこんな冷めた目で見ちゃうんだろうか…と思っていたら、正装している武市さんの後ろ姿を見ただけで泣きそうになってしまいました。切腹までの一連のシーンは素晴らしく、つい今まで不満に思っていたことがどうでもよくなってしまいそうになりました。
今の時代では到底考えられない想像することすらできない最後。融通のきかない不器用な武市さんの覚悟、死に様はとても潔く、これが武市さんなんだ…思うと同時に、一体今までの武市さんは何だったんだ…という疑問もわいてきて…。感動しながらも、何とも複雑な気持ちにさせられたのでした。

富さんの最後まで凛としたお姿にも泣かされました。でも、なぜかその横におとめ姉やん?

さて、武市(南朋)さんがいなくなってしまった『龍馬伝』どうしよっかな~。
それぞれの段階を経て成長してきた福山龍馬は嫌いではないのですが、元々歴史物・時代物が苦手な私としては、あと半年は長いな~。
でも、とりあえず次回は長崎が舞台らしいので、観ます!


ところで、話は変わりますが、南朋本『さもあらばあれ』が届きました。

                            

蜷川さんが撮ったグラビアも素敵ですが、ちょっとねらった感がありますね。(私は射的をしている笑顔の南朋さんが好きですが…)私は稽古風景の何気ない写真がけっこう好きだったりします。
なかなか読み応えがあるんですが、私が興味津々だったのがいろんな方の南朋さんに対するコメント。人それぞれいろんな見方感じ方があるのがおもしろいんです。それにしても愛されてますねぇ、南朋さん。


7月期のドラマ、キャスティングを見ても私的にぱっとしないな~。主役なんて、ほとんど私より若い人ばっかりだし…、全くときめかない。

その中で、おっいいかも…と思ったのは天海祐希、オダギリジョー、吉高由里子くらい。

でも、天海さんの『GOLD』は内容が好みじゃないんだな。野島伸司さんの作品はここ数年全然観てない…っていうか、逆に避けてるかも(^^;)。好きな時期もあったんだけどねぇ。
(私の中のBEST OF 天海 は『水曜日の情事』なんだけど。…ていうか、もしかしてまともに観たのはこれだけかも?)

オダギリくんの『熱海の捜査官』はキャスティングがとてもおもしろそうなんだけど、この時間帯私は確実に寝てるし…。予約録画を忘れなければ観るかもね。

吉高さんの『美丘』は内容に全く惹かれないので、パス。

で、キャスティングはともかくはずせないのが『土曜ドラマ』
しかし、今回の『鉄の骨』の主役は小池徹平くん。うーん。私的にはかなり厳しい…。前の『チェイス』の江口洋介さんはともかくARATAさんがよかったので、私的には助かったけれど。徹平くんは…うーん。
『外事警察』は集中しすぎて、見終わった後疲労感さえ漂っていたのに、『鉄の骨』はいまひとつ入り込めませんでした。一体この温度差は何なんだ?一応最後まで観るけどね。

『うぬぼれ刑事』はキャスティングには特に惹かれないけど、クドカンなら見るべし!
久しぶりに「はなまる」や「ひみつの嵐ちゃん」で長瀬くん見たら、太郎ちゃん(『歌姫』を思い出して、ちょっとせつなくなっちゃったよ。でも、このドラマはかなりおもしろそうなので、楽しみ。

『天使のわけまえ』観月ありさには全く興味がないので、パスしようかと思ったら、イッセー尾形さんの名前を発見。思わず観てしまったら、思いの外おもしろかったよ~。どうせ○○なんでしょ…という予想をちょっとずつはずしてくれて、それがなかなか心地よいです。
それに、料理がおいしそう。観月さんの手つきはどことなくぎこちなさがあるような気がしますが、ま…それは置いといて(^^;)。
何だか『食堂かたつむり』思い出しちゃいました(小説だけで、映画は観てませんが)。やっぱり食べるって大切。食べることができる内は何とか生きていけるよ、きっと。


最終回は、まぁ妥当な感じ。「ずっと愛してる」というタイトル読んで、やっぱり一緒にはなれないんだぁと思ったし。
実際、奈緒とつぐみが一緒に暮らすことはできないというのはとっても現実的だし、ドラマ全体の雰囲気からして、ここで大きく話が動き出すことはないと思っていたので、できあがった作品としては特に不満はないんですが…。

でも、個人的な感情としては、どうにかできなかったのか…という悔しい思いがあります。子供を持つ身としては離れて暮らすなんて、到底考えられないので…。

こんな難しいドラマにチャレンジしたんだから、あえてドラマという作り事ならではの現実的な部分を超えるような他の展開にチャレンジしてもよかったんじゃないか…とか考えてしまうんです。ま、そうなるとテーマがまた違ってくるだろうけど…。

せめて、奈緒がだめなら仁美が…みたいな希望が見えるとよかったんですけどね。仁美と一緒に暮らすことはできなくても、少しずつ親子の絆を回復して欲しい…という思いがあるんです。それに玲奈が実の母と決別したまま生きていくのもいやだし。
それに、ずっとあの施設で誰からの面会もなく暮らしていくのかと思うと、とにかく不憫で…。

でも、無理矢理引き離された2人が、今度は自分自身で別々に生きることを選んだということで、お互い納得してというのが救いではあるんだけど。でも、12年もの間お互い何があるかわからないし。たとえ気持ちは変わらなかったとしても、病気とか事故とかあるかもしれないし、会える保証はないなと思うと気が気じゃなくて。
でも、ラストには再会したであろう2人の手が映し出されというのが、ドラマという作り事ならではのサービスカット…とでもいいますか。ま、嬉しかったけどね。

奈緒は自分自身が30年の時を経て実の母に会えたから…と言っていたけど、その30年はかなりつらい時間だったはず。つぐみは納得して別々に生きる道を選んだとはいえ、やっぱり12年はとてつも長く、寂しい思いをいっぱいするはず。
それに、母だったら8歳のつぐみだけでなく、9歳、10歳…と見届けたいと思うだろうし。
やっぱり何があっても、離れちゃいけなかったんじゃないか…って思ってしまうんです。母なら、もうちょっともがいて欲しかった気もするんだなぁ…。でも、執行猶予の身じゃ無理なのか。

せっかくマスコミ関係者の藤吉を絡めたんだから、彼が何かしらの動きを起こすというのもありだったんじゃないかと思うんだけど…。でも、そうするとまた話がややこしくなっちゃうか…。彼は結局何をしたかったんだろう~。

葉菜はやっぱりただ者じゃなかったですね。でも、彼女の印象は二転三転して、元の場所に戻ってきた…という感じです。彼女は命がけで娘を守りたかっただけなんだと。

一つ気になったのは、つぐみの「うっかりさん、元気でね」という言葉。もしかして、ただ眠っているだけだと思っているの?うっかりさんが死んでしまった…と知っていたら、あんなに平静でいられないと思うんだけどなぁ…。

最終回だというのに、仁美が一切出てこなかったのがとっても残念。
確かに、彼女は玲奈をゴミ袋に入れて捨ててしまった。そこには死んでもかまわない…という気持ちがあっただろうし、奈緒が現れなければ、きっと玲奈は生きていなかったはず。そういう意味では、殺したも同然なのかもしれないけど…。それに、玲奈自身からもしっかり決別されちゃったしね。
でも、そこで完全に親子の絆が切れてしまったんだと踏ん切りをつけてしまうことは私にはできないんだなぁ。
仁美の「死刑にしてください」という言葉は、玲奈に対するすまないという気持ち、自分を許すことができないという気持ちいろんなものが含まれていると思うけど、そんな彼女はこれから先救われることがないんだろうか…と思うと、それもまた不憫で…。

奈緒が2人の母との関係を悩みながらも築いて行けたんだから、玲奈にも是非そういう希望を見せて欲しかったなぁ。

何だか不満だらけの感想みたいになっちゃいましたが、作品としては満足してます。登場人物が納得してるのに、ただただ私の感情が収まらないだけの話で…。


話は変わりますが、サッカー勝ちましたね。
何とか起きてきてテレビを観たら、本田のフリーキックというグッドタイミング。そして、遠藤のフリーキックを観た後、それで安心してしまったのか…ほとんど寝てました~。歓声が上がると、目を開けるというくらいで…。
とにかく勝ってよかったです。
次の試合は11時キックオフだったっけ?今度はちゃんと観たいと思います。ほんとかよ…。


ドラマでこんなに泣いたのは久しぶり…。思わずしゃくり上げそうになっちゃいましたよ(^^;)。
一人で観ててよかった~。

もうどんだけクライマックス~!な感じの第9話だったので、あ~あもう来週で最終回か…と勝手に思い込んでいたら、まだ2話あるらしいですね。
この勢いに乗り、盛り上がった後、まだ2話も描こうなんて、坂元さんはなんて太っ腹!…ていうか、そこには(ただ盛り上げるだけのドラマとは違う)骨太な感じと繊細さ、そして描ききってやるという執念のようなものさえ、私は勝手に感じています(^^;)。

今回も一つ一つのエピソードがよかったですね。
それぞれの母の思い、子の思いが痛いほど伝わってきて…。特に葉菜の語る幸せ…にはじーんと来ました。

それに、小さな幸せの積み重ね。
砂浜でお家を作ったり、3人で手をつないでお話したり…と、どこにでもあるような幸せ。でも、いつか終わると思っているからこそ、それがとってもせつない。

そして、いつかはやってくる別れ。
私は、いや~別れちゃいや~と心の中で叫ぶ一方、でも、来るなら早くやってきた方がいいんじゃないかという邪念が…。だって、最終回で別れたら、それでおしまいな感じがするけど、最終回の前に別れが来るということはまだその後に望みが持てるぞ…という気持ちがあって。(それが2話分もあるんだったら、尚更そこには希望があるはず!)

そして、遂に警察に追い詰められた奈緒。いつもいつもぼそぼそと話す奈緒がつぐみの名前を叫んだ時はやられました…。あの奈緒があんな風に感情を表に出すなんて。いつも感情を押し込めていた奈緒が~。

それから後はもう号泣するしかないですよ。
母子以外の何者でもない葉菜と奈緒、そして奈緒とつぐみ。心はしっかり結びついています。
涙涙で抱き合う二人を見て、お前達何にも感じないのかぁ、それでも引き裂くのかぁと警察に八つ当たりさえしたくなりましたよ。

台詞の一つ一つがいいですねぇ。大きな伏線はもちろん小さな小さな伏線がいいんですよ。
歯が抜けたというお話がまさかあんな号泣を誘う展開になるとは…。
とても小さなエピソードなのにしっかりとつぐみの成長を感じます…と共に、きっと奈緒がいなくてもこんな風につぐみは日々成長していくんだろうなぁ…という寂しい感情さえ芽生えてしまいました…。

このドラマ、状況もかなり過酷で観ていてつらいことの方が多いんですが、見続けているのはふとした拍子に希望…のようなものを見せてくれるからじゃないかと思います。
それはつぐみの笑顔だったり、うっかりさんのさしのべてくれる手だったりと。いやいやまだ大丈夫…とか思えちゃうんですよね。

その点、仁美が一番かわいそうかも…。彼女には何もない…ですもんね。今の彼女には腹いせ?に告訴することしかできない。
ずっと平々凡々に暮らしてきた私ですが、彼女の言動が全く理解できないか…というとそうでもないんですよね。特に初めての子育ては、普通に恵まれた環境でも不安や心配がいろいろあります。
もし自分が同じ状況に置かれた場合、何とか母親としてやっていけるかもしれないし、とんでもないことになってしまうかもしれない。当事者にならなければわからないことですね。こればっかりは…。

しかし、いずれにせよ、彼女も何らかの形で決着をつける必要があります。
他の母子関係が(愛情を通い合わせるという意味では)丸く収まったのに、決着がついていないのは玲奈と仁美の関係だけですから…。
奈緒が二人の母から愛情を受けたように、玲奈(つぐみ)もそんな風になれたらいいんですが…。

そうそう…戸籍売買?は未遂に終わってよかったです。
奈緒はもちろん、葉菜にまた罪を重ねて欲しくないですから…。


*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR