FC2ブログ

*My favorit room*

完全にほったらかしの当ブログ。
なんで久しぶりに出て来たのか…と言ったら、もちろんラグビーだっ!!
本当はもっと早く出て来るつもりだったけど、何だかんだで遅くなった。

とにかくあれも録画、これも録画で、見たり編集したり、BDに移したり。(家事だって、パートだってあるし)
ただでさえ嵐にドラマにバラエティといろいろ録画しているのに、これにラグビーが加わり、毎日HDD整理に追われる日々。
嬉しい悲鳴!

ほんのちょっと前までこんな日が訪れるなんて、思わなかったよね。
ワールド杯前だって、本当にあるんかい?と思うくらいの静けさ。
マスコミって冷たい…とか何とか言いながら、私も開幕日すっかり忘れてて、旦那に指摘されて気づく。
(録画予約はしてたから、よかったんだけど)

昔は、ラグビ関係の本やビデオテープ(そういう時代)を買いあさり、ラグビーマガジンを年間購読したり、Numberのバックナンバーを取り寄せたり…とどっぷりはまっていたのに。そう言えば、試合も2回ほど観に行ったな。
(そう言えば、十数年ぶりにNumber PLUS(ラグビー特集)買ったよ。あ~おもしろい)
今では、テレビ中継される大学ラグビーと日本選手権を観る程度。だから、選手の名前もなかなか覚えられない。

でも、いっちょまえに4年後日本で開催されるワールド杯はほんとに大丈夫か…と心配はしていた。
サッカーや他の競技の人気をうらやみながらも、でも、結局勝つしかないんだよな…と。
スポーツの世界はそれが全てだし、注目させるにはそれが一番手っ取り早い。
けれど、正直全く期待してなかった。とにかく今回のワールド杯は一勝でもいいからしてくれれば…程度の気持ちだった。
それが4年後につながる意味のある勝利であれば、それでいいんじゃないかくらいの感じだった。

ところが、ふたを開けたらどっこい、すんごい事件が起こった。

夜中、家族が寝静まったリビングで一人観戦。旦那も観ると言っていたのに、睡魔に負け就寝。←おいおい
かといって、それを引き留めるだけの要素は何一つなく、あ~1トライでもいいからとってくれればいいなぁ、どうせぼろ負けなんだろうなぁ~くらいの軽い気持ちで観ていたら、それはとんでもなかった。

出足から、ディフェンスいい。テンポもいい。五郎丸もいい感じだし(この時点で顔と名前が一致するのは、五郎丸と田中と大野くらいというトホホぶりだが)
そして、2番のトリッキーなパスに釘付け!なんじゃ、こりゃ!フッカーでこんなパス出すんかい!と思ったら、スーパーラグビーに所属しているらしい。なるへそ~。(その名も堀江くん。後に私の一押しプレーヤーとなる)

これって、もしかして南アフリカ相手に五分なんじゃね?という思いがよぎる。
いやぁ、まさかまさか…と思っていたら、ラインアウトからのモールでトライ!!
おいおい、日本が南アフリカから?!

でも、取っては取られ、でも、終始大きく離されることはなかった。
それが、今までのJAPANとは違うとこだよね。
とにかく食らいついて、離さない、離れない。

そして、遂にもぎ取ったトライ。
いやぁ、サインプレーが見事に決まりました。五郎丸のトライはもちろん、そこに至るまでのプレーを何度も巻き戻して観ちゃったよ。
あのパスのタイミング、ディフェンスの間をすっと抜けていく瞬間がたまりません。

しかし、またもや突き放される。
ところが南アフリカの反則。

ペナルティキックじゃなくて、ラインアウト選択。
モールでなだれ込むも、ビデオ判定。グラウディングしてない。

次もペナルティキックじゃなく、スクラム選択。
時間がない。
あきらめずに攻撃を仕掛ける日本を見て、ある瞬間トライがとれるという確信が生まれて。
そしたら、本当にやってくれました!!
夜中、一人ですごい、すごいとつぶやいてました。

それにしても、応援席の日本のおじさん率高し!
そうそう!昔はサッカーよりラグビーの方が人気あったんだよ。
それに、ラグビーって確か応援席を分けないんで、敵味方入り交じって応援するんだよね。(高校や大学ラグビーだと、分けちゃうみたいだけど)そう言うところも何か好きだったりする。
相手の良いプレーには拍手を送ったり。

ちなみに私が最初に観た試合は、'84年?の同志社と慶応の決勝。暇でチャンネルカチャカチャしていたら、なぜか見入っちゃって。ルールも何も全然知らなかったのに、どんどん引き込まれて、あっという間に虜に。
そして、接戦で勝った同志社が日本選手権で新日鉄釜石と対決。釜石は7連覇がかかってて、前日のスポーツニュースでは松尾が怪我でどうなんだ?みたいになってたよね。確か。当日は、麻酔打って出場。
この試合は、しっかり観ました(内容は、ほぼ覚えてないけど)

それから、私にとって、ラグビーは季節の風物詩になり、嫌いな冬が来るのが楽しみになった。
その内、早稲田のプレースタイルに魅せられ、大ファンに。
あの頃は、ちょうど清宮に堀越、今泉、郷田とかいて、黄金時代だったんだよなぁ。慶応には吉田がいて。

あ~、昔話始めると、止まらなくなる。
たぶん釜石から神戸製鋼あたりがラグビーが一番盛り上がってた時代なんだよなぁ~。

その後もラグビーシーズンになると、観てはいたんだけど、いかんせん記憶力がね。
久しぶりに昔の記事を読んでも、こんなこと書いてたんだ…とさっぱり思い出せないし。
ちょくちょく五郎丸の名前は出て来てるけど、私は有田が好きだった。(バックスにばかり注目していた私が初めて好きになったフォワードの選手)

しかし、今の盛り上がりぶり。
日テレの中継も格段に良くなりましたよね。昔はカメラワークもひどかったし。
それに、特にひどかったのは、'07年のカナダ戦の生中継。(正確には生より数分遅れていたらしい)あの時は、さすがに日テレにクレームのメール送りました(こんなことしたのは、あれが最初で最後)
今回は、プレイ中はCMも挟まずしっかり放送して、ちゃんと延長もしてくれて、ありがたや~。
しかし、アナウンサー、サモア戦で選手の名前を2回くらい間違えてたよね。(私の勘違いじゃないよね)

結局、3勝!!
決勝トーナメントには行けなかったけど、この3勝がどんなに価値あるものか。
ラグビーファンなら、骨身に染みてると思う。
ほんと、生きててよかった!と思ったよ。

それに、いろんな番組で往年の名選手が出ていて、それもまた嬉し。
堀越に吉田に永友などなど。
堀越が「うらやましい」と言っていたのが正直過ぎて。
生まれた時代が違っていたら、間違いなく活躍していたことでしょう。
五郎丸らの主力選手達の多くは、堀越達が大学ラグビーで活躍していた頃、もしくはその後に生まれた人達だったりするんだよなぁ。
何だか、感慨深いです。

ほんとに長い道のりだったな。
あ~、生きててよかったぁ~。
スポンサーサイト
大学ラグビー決勝戦、帝京×筑波の試合、なかなか見応えありましたね。
私は準決勝の筑波の戦いぶりが好きで印象に残っていたので、筑波を応援。

しかし、やっぱり帝京は強かった。
筑波はなかなか攻めきれず、前半に1トライ取ったきり、防戦一方という感じだったし。
でも、終盤はやってくれましたね。

筑波には、印象に残る選手が何人かいて。それは、やっぱりハーフのお二人。
スクラムハーフの内田くんと、スタンドオフの片桐くん。
体格的には、逆のポジションに見えてしまう二人ですが、それがおもしろいなぁと。
特に、片桐くんの縦の突進はスピードもあって。
小柄なせいか、俊敏で、けっこう私が好きなタイプかも。
でも、なかなかトライには結びつかず、悶々としていたのですが、最後はやったね。

片桐くんが縦に切り込んでいって、ラックになったボールを内田くんが隙をついて、
トライするという私的には嬉しいトライ。

それから、ウィングの彦坂くん。
いやぁ、体重が90kgもあると思えないあの走り、あのステップ。(筋肉ですから~)
で、なんでいちいちフルネームで呼ぶのかと思ったら、双子くん?
もう一人はフッカーみたいですね。双子で全然タイプの違うポジションなんだね。
体格とか顔も違うのかな。ちょっと後で確認してみようっと。

それに、準決勝の時もなにげに気になってた福岡高校出身の福岡くん。名前が…。(そこかい!)
いやぁ、浪人して入ったんですね。(別に珍しくはないけど、何となく応援したくなるのはなぜ?)
(浪人と言えば、今泉は浪人して大分舞鶴に入ったんだよね)
しかも、すんごいいいプレイしてたよ~。

なんだろう。筑波の選手はこんな風に何人か印象に残ってるのに、帝京の選手一人も覚えらなかった。
あっスクラムハーフは、流くんだって。かっこいいよ、名前が(だから、そこかい!)

でも、帝京は怒濤の攻撃だった。
一旦火が付くと、どうにもこうにも止められないって感じで。
ものすごくテンポが良くて、スピードもあって、筑波のディフェンスが追いつかない。
そうそう、プロップの人がトライ決めててびっくり。しかも、止めに行ったのもプロップ?

最近のラグビーはフォワード、バックス関係なく、ガンガン走ったりする、いろんなプレイに参加するから、
観ていてワクワクするなぁ。

それにしてもすごいよ。帝京4連覇!おめでとう~。
ていうか、対抗戦グループでは筑波に負けちゃったらしいけど、後は負け知らずなのかな?
だって、私が観た限りは競った試合もしてなくて、ある意味一人勝ち的な?
ちょっとぉ~、早稲田がんばれよ~!

早稲田は20数年前に私にラグビーの楽しさを教えてくれたチームなんだよ。
だから、来年度は是非!
そして、筑波も今後が楽しみだ~。

おっと、思い出したよ。
帝京の主将の泉くん。めっちゃいいキャラしてますけど。
最後のインタビュー。笑っちゃうくらい真っ直ぐで、一生懸命で。
そして、ちょっとうるっとした…。

数年前の早稲田の豊田くんのインタビュー思い出した。
全然違うタイプの主将だとは思うけど…。豊田くんはやんちゃすぎ(^^;)

こんな風に真っ直ぐに素直に気持ちを表せること、素晴らしいと思います。
筑波を応援してたから、終わった後残念な気持ちもあったけど、そんなのふっとんじゃったよ~。

でも、これで大学ラグビー終わっちゃったね。
寂しいな~。ていうか、今年度から日本選手権、なくなっちゃったのかな?
最近のラグビー事情、全然わかんないよ(^^;)

社会人ラグビーも全然放送してくれないし、高校ラグビーも決勝戦しか放送してくれないね。
しかも、その決勝戦見逃したし(^^;)
寂しい限りだなぁ~。
ほぼほったらかし状態のこちらのブログですが、
今年もよろしくお願いします(^^)

さて、今日は久々にラグビーの話題。
先日の大学ラグビーの準決勝を遅ればせながら観たんですが、これがおもしろかったぁ。

と言っても、帝京と早稲田の試合は、実は先に途中経過を知ってしまっていて…(ーー;)。
リアルタイムでは箱根駅伝を観て、ラグビーは録画してたんだけど、
何を思ったか、突然旦那がチャンネルをラグビーに替え、点数を見ちゃったんだよ。
しかも、その時の点数が38対10。おいおい、それってまんま結果じゃん!
全くあのチャンネルをむやみに替える癖、どうにかしてくれ~。

で、20数年早稲田ファンの私ですが、有田くんが卒業してから、何かぱっとしなくて。
というのも、選手の名前が全然覚えられない。(いやいや、これは年のせいなんかじゃないよ)

毎年、インパクのある選手、自然と目に飛び込んでくる選手、いつの間にか顔と名前が一致しちゃう選手っていうのがいるんだけど、ここ数年いない…。

あっでも、今回の試合で、14番のウィングの中つる選手はよかったねぇ。
(漢字が難しくて、わかんない。でも、なかなかいい顔してるよ。けっこう好きかも。そこかい!)
最後の10分くらいだけでも、ものすごく働いてたよね。
(あっ、きっとその前も相当働いてたとは思うんだけど。私が気がつかなかっただけで)

帝京のトライを執念で防いだり、最後はよもやトライにつながるんじゃないかというプレイも見れたし。とにかくスピードとあのステップワーク!
来年が楽しみだ~と思ったら、4年生だった(^^;)。

きっと去年もすごいやつがいる…と思って見ていたような気がするんだけど、いまいち記憶がない…。(やっぱり年のせいかも)


さて、で思わず釘付けになっちゃったのが、筑波と東海の試合。
こちらは、勝敗の行方も点数も全く知らない状態で臨んだので、ハラハラドキドキしながら、
楽しんだよ。

筑波も東海も私はほとんど何も知らなくて…。
(未だに揺さぶりの早稲田、前への明治、魂のタックルの慶応と言っている時点で、相当私って出遅れてるんだろうな)
でも、始まって早々、筑波のプレイスタイル好きかも…っていう感じで、自然と筑波を応援してた。

パスでまわして、足でひっかきまわして、攻めていく感じが早稲田っぽいなぁって。
でも、全盛期の早稲田ほどの揺さぶりは感じなかったけど、これからどんどん伸びてゆくんじゃないかなと思えた。

それから、最初やたらボールに絡む背の高い彼は誰だ?と思ったら、スクラムハーフだった、あはっ。
日本では、まだまだ小柄な選手が多いポジション。
確か、数年前にはどこかの大学で私よりも身長の低い選手が活躍してたなぁ(ちなみに私は155)あの大男の中で、俊敏に動き回り、大男に食らいついたり、操ったり。
相当な身体能力と努力の賜物なんでしょうね。

さて、筑波のスクラムハーフの内田くんは、177cm 85kgだってよ。
身長は、うちの旦那と同じじゃん。
(ちなみにうちの旦那は高校時代、ラグビーの試合に駆り出された経験あり。
その時のポジションは確かロックとかじゃなかったのかなぁ)

で、スタンドオフの片桐くんが170cm 72kgって、一見逆じゃね?って思える体格。
だけど、何か新鮮。

大きいと、やっぱりパス出しとか若干違ってくるような。距離感とか、伸びる感じとかね。
こういう選手がいると、海外の選手と戦う上ではいいのかもね~。
日本でワールドカップもあるしね。('19だったっけ?)

で、何気なく見ていて、びっくらこいたのがウィングの彦坂くん。
177cm 90kg。
これまた、うちの旦那と身長は一緒だけど、体重が…。
数字だけみたら、単純にデブ?って思っちゃうけど、見た感じ全然デブじゃない(当たり前)
さすが鍛え上げてるだけあって、筋肉なんだね。
ウィングでこの体格。

時代も変わってきた?ていうか、今泉とか五郎丸はどうだったんだろう?

ま、肝心の試合の方だけど、途中から帝京が勝つんだろうな、でも、筑波に勝って欲しいよと思いながら見てた。

そしたら、最後の最後にやっちゃったね。
あそこでチャージからのトライ。
すごい、すごい!あきらめない気持ち。執念。

一人で、「おもろい」とか「すごい」とかつぶやいたり、「危ない」「行け-」とかテレビに向かって叫んだり、久しぶりにラグビーで興奮したな~。

さて、決勝戦は成人の日だったっけ?
(そう言えば、今日は高校ラグビーの決勝だったのに、すっかり忘れていたyo!)
さぁ、筑波を応援するぞ~!

帝京、4連覇を阻止してくれ~。
帝京には何の恨みもないけど、早稲田に頼れない今、筑波にすがるしかない!


さて、今日二つ目の日記はラグビー。
先日の試合では慶応に負けてしまった早稲田。そして、今日は早明戦でした!

…で、場所は国立競技場。うん?国立…と言えば…嵐がコンサートしたな…とか言っている場合じゃありませんよ!
でも、あの観客でいっぱいのスタンドを観ていたら、嵐がここで歌ってたんだなぁとか、このグラウンドに客席作ってステージ作ってどんだけすごいんだとか、でも芝は傷まないのか…とか余計な心配したりして…。いかんいかん、嵐のことは忘れて、早稲田を応援するんだ~。
(でも、願わくば、いつかここで嵐のコンサートとラグビーの試合が観てみたい…)

長らく低迷(?)していた明治ですが、なんと今シーズンは全勝中!ということを遅ればせながら早慶戦の時点で知った私…。(ラグビーの扱いは新聞もニュースも小さいし、その上嵐のことで頭がいっぱいな私は最近新聞もニュースもほとんど見てないので、すっかり置いてけぼり~)
やっぱり吉田義人監督が就任したことで、だいぶチームも変わってきたのかな。彼の現役時代を知る者としては、何だか感慨深いものがありますし、期待もふくらみます。

しかし、20数年早稲田ファンの私。しっかりと早稻田を応援しなくては!
しかも、今シーズンは早稻田、明治、慶応のまさに三つどもえの戦いで、早稻田が今日勝てば6勝1敗でみんな並んじゃうんですよねぇ。(そしたら、順位は一体どうなるんだ?嵐にかまけて、情報収集一切してないので、わからない…)

とにかく何が起こるかわからないのが早明戦。
選手も他の試合とはひと味もふた味も違う緊張感でしょうが、観る側も自ずと気合いが入ります。

さて、序盤から明治に押されっぱなしの早稲田。でも、必死に守る早稲田。
私もテレビの前で「押せ~」とか「あーっ」とか叫ぶ叫ぶ。今日の午後は幸運にも家には私一人(^^)v。思う存分叫びましたよ。(家族がいても興奮は抑えられないけどね…)

前半のボール支配率は明治の方が6割くらいだったと思いますが、早稻田はトライチャンスをしっかり生かせましたね。慶応戦では何度も魂のタックルに阻まれ、悔しい思いをしましたが…。
今回は、逆に明治の選手をトライ手前で押さえ込んでやりましたよ。タックルにいく選手、ボールをとりにいく選手、きっちり仕事してます。やった~!かっこいい~!

かっこいいと言えば(後半だったかな…)スタンドオフ山中のパス。
右にパスすると見せかけて、左側に走り込んできた選手にまさかのノールックパス。かっちょいい~!!思わず巻き戻して、3回も見てしまった。(私は基本ラグビーは録画しながら観るんです。追っかけ再生で…。いいプレイとか何度も見たいし。目が追いつかない時とかあるんですよね…)

早稻田得意の揺さぶりも健在。
タックルされたかと思いきや、そこを機転に早い球出しで右に左にボールをまわす。思いがけず長いパスを放ったり、巧みなステップでディフェンダーをかわしているところを見ると、しびれる~(古っ)。
やっぱりラグビーは楽しい~!特に早稻田のプレイはワクワクする。

有田主将も昨年のフッカーから今年はナンバー8として活躍。運動量のある彼、こんな所にもあんな所にもって感じで神出鬼没。

ライン際、明治のラック前で他の選手にこっちこっち…っていう感じで、手を振る有田くん。なぜかその手にやられた…。大野智くんにはまってから手フェチか加速している…とは思っていたが、なぜここで反応する?なぜかここで一旦巻き戻して確認する私。やはり病状が悪化している?プレイとは関係ないだろ…。

最後は私の大好きな有田くんのインタビュー。
内容は普通だったけど、最後にカメラに向かって手ふってくれた~。インタビューの後に手を振る主将って…初めて見たよ。でも、かわいい~。思わず巻き戻して、また見る私。うん?おかしい…ラグビーの感想になっていない…。そんなこといいさ~勝ったんだから~。


今日、録画していた早慶戦を観ました。

一昨日はサッカーの試合を夫が観るので、ラグビーの方は録画して、私はお昼寝。
ところがふと歓声に目が覚めて、テレビを観たら、な~んと慶応が10-8で早稲田に勝っただと~!何でサッカーを観てるはずの夫がラグビー観てるんだ(怒)。きっとハーフタイムで手持ち無沙汰なもんで、チャンネル替えたんだろうけど…。
先に結果を知ったらおもしろくないじゃないか~!思わずキレる私。
しかも、早稲田が勝つもんだと油断してたから、びっくりな結果じゃないか…。

8-10。このスコアを見た時点で、早稲田は1トライしかとってないのは一目瞭然。後は慶応が1トライなのか2トライなのか…。

そして、今日観たんですけど…。
前半は早稲田が攻めてるんですよね。でも、慶応のディフェンスがすごくって。
で、山中がトライを決めたと思った瞬間、それはノックオン。
山中のロングパスでこりゃあトライだと思ったら、今度は慶応の選手3人にラインの外に押し出されました。
そして、今度こそトライだ!と思ったら、またまたノックオン。
どんだけすごいんだ、慶応のタックル。
早稲田が負けるとわかっているのに、いちいちテレビの前で騒ぐ私。

結局前半を3-3で折り返す。
うーん、あんだけ攻めていたのに、1トライもとれていないとは…。

後半になると、慶応の動きが俄然よくなってきて…。
でも、またまた早稲田にトライチャンス。これまたロングパスで、おお~っライン際ぎりぎりにトライかと思ったら、またまたノックオンだよ(泣)。

そして、やっととった1トライ。これが意外とあっけなくて…っていうか。本当にトライなのかって一瞬疑っちゃったよ。4度目の正直…。
しかし、ゴールキック決まらず。

慶応もトライを決めるも、こっちはゴールキックきっちり決めました。
結果的にはこれが勝負の分かれ目でした。

早稲田、悪くなかったよ。有田キャプテンに勝たせてやりたかったよ。
でも、慶応の魂のタックル。すごすぎました。

試合としてはおもしろかったけど、結果知ってたもので、8-10になった時点でテンション下がっちゃいました。もう点数動かないのか…って。

でも、これで早稲田と慶応が5勝1敗で並び、明治が6勝。えっ明治が?と目を疑う私。そうか吉田義人監督だもんね。どんなチームに仕上がってるんだろう~。
早明戦が楽しみだ~。
今度こそオンタイムで観てやるぞ~。


*sachiyon*

Author:*sachiyon*
たまーーーーに思い出したように現れます。

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

QR